健康生活の知恵袋
巷で話題の健康情報を紹介しています。

レーシックならぬラゼック(LAZEK)とは?

レンズを埋め込むという「フェイキック」はなんとなく理解はできますが、レーシックならぬ「ラゼック(LAZEK)」とは、いったいどんな手術方式なのでしょうか?



スポンサーリンク

いわゆる「レーシック(LASIK)」とは、2つのステップがあります。1つはレーザーによって、目の表皮と角膜に薄く切れ目を入れて「フラップ」と呼ばれるフタを作って、それをめくり上げるステップ。もう1つが、めくり上がって露出した角膜に、レーザーを照射して角膜を削ることで、角膜の屈折率を変えるステップです。

「ラゼック」は、レーシックの1つめのステップを、アルコールによって目の表皮を溶かすことでフラップを作ることにして、角膜を露出させる方式です。露出させた角膜にレーザーを照射するステップはまったく同じで、使用する装置も同じです。

ラゼックの特徴としては、角膜を削る量がレーシックに比べて少ないため、たとえば格闘技など目に直接、圧力などがかかる人でも、視力矯正が可能ということ。じつはレーシックの場合、フラップとして切れ目を入れた部分はフタとして元に戻しますが、角膜の強度としては計算できない程度にしか復元しません。

ただし、ラゼックの場合は表皮を円形に溶かしているため、それが再生するのに時間かかかるのが難点です。レーシックの場合は、表皮の傷は円形の「線」でしかありませんが、ラゼックの場合は円形の「面」となるからです。このため、痛みと視力の回復を含めて、手術後一週間は仕事ができないと思ったほうがよいと説明されました。

さらに、表皮が正常な形で再生するには2週間から1ヶ月ほどの時間がかかります。安定した視力が得られるようになるには、それくらいの余裕を見ないとなりません。手術後の検診も、翌日検診と一週間後検診に加えて「3日後検診」というものが加わります。また、術後には表皮の保護用のコンタクトレンズを一週間ほど装用することになります。

■レーシック体験記
【基礎知識編】
レーシックを受けるまでの経緯
レーシックはどのクリニックがよい?
レーシックの費用と割引の関係とは?
レーシックにはどれくらい費用がかかる?
レーシック費用は医療費控除でさらに安く!

【検査編】
まずはレーシックの検査予約からスタート
実際のレーシック検査はどんな感じ?
通常のレーシックが不適合…その対処法は?
レーシックならぬラゼック(LAZEK)とは?
レーシック不適合で選んだのは「ラゼック」

【体験編】
【ラゼック手術当日】術後の気になる経過は?
【ラゼック手術直後】回復までの時間が惜しい
【ラゼック手術翌日】痛みで目が覚めた
【ラゼック手術2日】回復は少しずつ着実に
【ラゼック手術3日】1日の25%はストレスなし
【ラゼック手術4日】痛みのピークから回復へ
【ラゼック手術7日】まさかのドンデン返し

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事