健康生活の知恵袋
巷で話題の健康情報を紹介しています。

レーシック不適合で選んだのは「ラゼック」

こうして、丸一日がかりで検査をしたのち、眼科医に提示された3つの代替案「レーシック+角膜強化法」「ラゼック」「フェイキック」から、どれを選ぶかを決めなければなりません。



スポンサーリンク

まず、目への負担やリスクという意味では、一番安全なのは「フェイキック」だとか。瞳に切れ目を入れてレンズを挿入して、なかで固定さえるという手術のため、角膜を削ることもありませんし、何か不具合があればレンズを取り出せばよいだけです。手術の難しさという面では白内障の手術くらいなので、難易度は高くはないとの説明でした。次に安全なのは、格闘技をやる人も行う「ラゼック」となるようです。

次に、手術決定から回復までの期間で見た場合、一番ラクなのは「レーシック+角膜強化法」となります。傷口が小さいために回復も早く、視力の安定して出るようです。二番目は「ラゼック」となりますが、レーシックよりは痛みが大きく、視力回復にも時間がかかります。「フェイキック」は手術からの回復という意味では早いのですが、精密検査やレンズの発注など1ヶ月ほど期間を要するのが難点です。

それでは、費用という面で見た場合はどうでしょう。「ラゼック」はレーザー照射ステップについてはレーシックとまったく同じであるため、じつは「最高級アマリスLAZEK(30万円)」「アマリスLAZEK(24万円)」「LAZEK(17.8万円)」の3つから選ぶことができます。細かく聞きませんでしたが、割引クーポンもレーシック同様に使えるとのことなので、費用面では「ラゼック」が一番です。二番が「最高級アマリスZレーシック」とした場合に実質23万円+15万円となる「レーシック+角膜強化法」。40万~50万円の「フェイキック」も大差ないかもしれません。

そして最終的には、有給消化期間という、またとない余裕の期間を有効活用しながら、一番安いコストで角膜の強度を損なうことのない「ラゼック」を選ぶことにしました。

■レーシック体験記
【基礎知識編】
レーシックを受けるまでの経緯
レーシックはどのクリニックがよい?
レーシックの費用と割引の関係とは?
レーシックにはどれくらい費用がかかる?
レーシック費用は医療費控除でさらに安く!

【検査編】
まずはレーシックの検査予約からスタート
実際のレーシック検査はどんな感じ?
通常のレーシックが不適合…その対処法は?
レーシックならぬラゼック(LAZEK)とは?
レーシック不適合で選んだのは「ラゼック」

【体験編】
【ラゼック手術当日】術後の気になる経過は?
【ラゼック手術直後】回復までの時間が惜しい
【ラゼック手術翌日】痛みで目が覚めた
【ラゼック手術2日】回復は少しずつ着実に
【ラゼック手術3日】1日の25%はストレスなし
【ラゼック手術4日】痛みのピークから回復へ
【ラゼック手術7日】まさかのドンデン返し

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事