健康生活の知恵袋
巷で話題の健康情報を紹介しています。

【ラゼック手術翌日】痛みで目が覚めた

痛みで目が覚めたのは深夜2時ごろ。12時ごろに就寝したので、そのとき使った痛み止めがちょうど切れたころでしょうか。メガヒリヒリと痛くて、眼を閉じていても涙が止まらない状態。テープで止めた眼帯を外して、とりあえず痛み止めの目薬をさしました。すぐには痛みは消えないものの、安静にするしか手はないので、眼帯を貼り付けたのちに横になって眼を閉じました。



スポンサーリンク

再び眼が覚めたのは早朝の4時ごろ。いつの間にか眠っていましたが、先ほどと同じように目がヒリヒリして涙が止まりません。とりあえず痛み止めの目薬をさして、痛み苦しみながらもまたウトウト。そして6時ごろになると、同じような痛みで目が覚めました。

いつまでも横になっている気分ではなかったので、痛み止めの目薬をさすと同時に起床。痛みに耐えながら、薄目を開けて周りを見るようにしてみました。そうするうちに痛みに次第に慣れてきて、多少ぼやけているものの、しっかり目を開けられるように。かろうじて生活ができるレベルでしょうか。翌日検診のための準備をして出発です。

室内ではなんとか生活できるレベルかと感じていたのが、乾燥している屋外では視界はかな不安定でした。乾いてくると視界が白っぽくなってきてしまいますが、乾燥防止の目薬をさしてもすぐに直りません。駅に着いて目薬をさして、電車に乗っている間ずっと目を閉じることで、なんとか回復するような感じです。そんなこんなでクリニックに到着しました。

翌日検診では、焦点を測定する装置で検査したのちに視力検査。0.6~0.7くらいという結果でした。そのあとの眼科医の診察では、瞳の状態をチェック。痛みは痛み止めで抑えられている旨を伝えると「順調に回復しています」というコメントでした。次回の3日後検診はまだ予約を取っていなかったので、帰りにをれをすませて検診は終了です。

帰り道に百貨店などに寄ろうとも思っていましたが、ちょっと屋外にいると視界が白くなってきてしまうため、そそくさと家に帰ることにしました。まだ視力が出ていないこともあり、手術翌日は屋外で活動するには非常に不安な状態です。

■レーシック体験記
【基礎知識編】
レーシックを受けるまでの経緯
レーシックはどのクリニックがよい?
レーシックの費用と割引の関係とは?
レーシックにはどれくらい費用がかかる?
レーシック費用は医療費控除でさらに安く!

【検査編】
まずはレーシックの検査予約からスタート
実際のレーシック検査はどんな感じ?
通常のレーシックが不適合…その対処法は?
レーシックならぬラゼック(LAZEK)とは?
レーシック不適合で選んだのは「ラゼック」

【体験編】
【ラゼック手術当日】術後の気になる経過は?
【ラゼック手術直後】回復までの時間が惜しい
【ラゼック手術翌日】痛みで目が覚めた
【ラゼック手術2日】回復は少しずつ着実に
【ラゼック手術3日】1日の25%はストレスなし
【ラゼック手術4日】痛みのピークから回復へ
【ラゼック手術7日】まさかのドンデン返し

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事