健康生活の知恵袋
巷で話題の健康情報を紹介しています。

50年前のバナナは味が違う?-ためしてガッテン

じつは現在のバナナと50年前のバナナとでは、まったく味が違っています。バナナの熟成方法が変わったことによって、その糖度に違いがあるのです。50年前のバナナは糖度が高かったものの保存性が悪いものでした。7月23日放送の『ためしてガッテン』では「衝撃!あなたの知らないバナナの世界」特集で紹介されていました。



スポンサーリンク
50年前のバナナは味が違う?-ためしてガッテン

バナナの熟成方法が50年前と違っている

戦後、庶民には手の届かない憧れの食べ物だったバナナ。かけそば1杯40円だった昭和37年(1962年)当時、バナナはなんと500円の超高級品でした。じつはこの昭和のバナナ、いまとはまったく味が違ったというのです。

三重県伊勢市にあるバナナ問屋は、50年前と同じ方法で熟成させているとか。いったいどのように熟成させているのでしょうか?

まだ青いバナナを地下室に入れたのち、水をまき、ガスコンロで部屋を40℃に暖めているのです。すると、青いバナナのときは5度だった糖度が23.4度まで上昇。バナナの糖度が4倍以上もアップしました。

50年前のバナナは高糖度だが保存性が悪い

じつは温度を上げると、バナナからエチレンというガスが出てきます。エチレンは細胞壁がチョキチョキと切って壊していきます。これがバナナの皮の細胞でおきると色が変わり、実の細胞でおきるとやわらかくなって甘みが増すのです。

現在と50年前とで熟成方法を比較すると、50年前は熟成期間が4日で、その方法はバナナからエチレンを出す手法、糖度は20~23度ですが保存性が悪いものでした。それが現在では熟成期間は変わりませんが、熟成法は室温15℃でエチレンを吹きかける手法、糖度は10~18度ですが保存性がよくなっています。

このように、エチレンを外からかけているため、皮はきれいに色づきますが、実は十分に熟成しないので糖度が上がらないのです。

■「バナナ」おすすめ記事
バナナは先端側が一番甘い-ためしてガッテン
5分でバナナを超甘くする方法-ためしてガッテン
3週間もつ長寿バナナの作り方-ためしてガッテン
そのほかの『ためしてガッテン』リポートまとめ

■「味」に関するおすすめ記事
5項目以上で要注意!!「味覚障害チェック」
人口甘味料は代謝を狂わせ成人病を誘発する
パスタをゆでるときの「塩」は意味がない!?
塩分とりすぎでおこる「仮面高血圧」とは?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事