健康生活の知恵袋
巷で話題の健康情報を紹介しています。

バナナは先端側が一番甘い-ためしてガッテン

バナナを一瞬で甘くする方法をご存じですか? バナナの実は房状になるものですが、バナナの花はその先端側に咲きます。そして、花が咲く部分は成長が進むところなので、そこに栄養が集中するのです。7月23日放送の『ためしてガッテン』では「衝撃!あなたの知らないバナナの世界」特集で「サル直伝!一瞬でバナナを甘くする法」を紹介していました。



スポンサーリンク
バナナは先端側が一番甘い-ためしてガッテン

バナナは先端に花が咲くため栄養が集中

方法はカンタン、「先端のほうからむく」というもの。じつは、バナナの先端側のほうが甘いのです。

バナナの実は房状になるものですが、バナナの花はその先端側に咲きます。そして、花が咲く部分は成長が進むところなので、そこに栄養が集中するのです。

この先端部分は一見、固そうに見えるのですが、黒い部分にはひびが入っています。これを指でつまむと、パカッとカンタンに割れるのです。ただし、黒い部分は苦味があるので、その部分はとるようにしましょう。

実際に食べてみると、根元のほうは少し青臭い印象で、先端部分のほうが明らかに甘いのです。一瞬で甘くするというよりは、どこが一番甘いのかという内容でした。

朝バナナダイエットでバストアップ

朝バナナでバストアップした人が続出

超簡単なダイエットとして2008年に大ブームを巻き起こしたのが「朝バナナダイエット」です。ルールは朝食を、バナナと常温の水だけにするというもの。昼と夜は何を食べてもOKなのに痩せるということで、そのお手軽さから大ブームになりました。

バナナは包丁を使って皮をむいたり切ったりする必要がないので、忙しい朝でもすぐに食べられるフルーツ。朝食のバナナについては、好きなだけ食べても問題ありません。

しかも、朝バナナダイエットを続けていたらバストアップしたという人も続出。女性ホルモンの分泌が促されるため、サイズがアップしたという報告が多数寄せられました。これはバナナに含まれるビタミンDが代謝を上げることでホルモンバランスが改善。結果的に女性ホルモンの分泌が促されることが理由です。


スポンサーリンク

朝バナナがダイエットに効く理由

バナナは食物繊維が豊富な食材。これを朝に食べることで胃腸の働きが活発化して便通がよくなる効果こそが、朝バナナダイエットが効く理由。ほかにもマグネシウムや食物繊維、オリゴ糖といった成分が、排便を助ける善玉菌のエサになります。

この腸内環境の改善は、ダイエット効果だけでなく肌に潤いをもたらします。実際、30~40代の女性が1日2本のバナナを4週間食べ続けたところ、肌の潤いに欠かせない水分と油分が増加したという研究報告もあるのです。

なおバナナに含まれるオリゴ糖は、善玉菌のエサとなるだけでなく、血中コレステロール減少や腎機能向上、血糖値の正常化などさまざまな効果があります。さらにバナナには、このカリウムが豊富に含まれているため、効率よくナトリウムを排出可能。むくみが改善するのでボディラインがスッキリします。

■「バナナ」おすすめ記事
50年前のバナナは味が違う?-ためしてガッテン
5分でバナナを超甘くする方法-ためしてガッテン
3週間もつ長寿バナナの作り方-ためしてガッテン

そのほかの『ためしてガッテン』リポートまとめ

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事