健康生活の知恵袋
巷で話題の健康情報を紹介しています。

朝食で「顔のむくみ」を解消できる食材とは

朝起きて鏡を見るとガッカリするのが「顔のむくみ」。そんな顔のむくみを解消する、朝食にオススメの食材があります。それは「バナナ」。朝のむくみ対策にはバナナ1本を食べると効果的です。4月17日放送『ヒルナンデス』の「超ラクチン!春むくみ&肩こり対策SP」で紹介されていました。



スポンサーリンク
朝食で「顔のむくみ」を解消できる食材とは

顔のむくみがおきる原因とは?

動いているときは水分が特定の部分にたまりませんが、寝ている間は身体がほぼ水平になっているので、水分が移動しやすくなります。とくに顔の皮膚やまぶたなど目の周りの皮膚は非常に薄いので、より強くむくみが出るのです。

また、寝ている間は顔の筋肉をあまり使わないので、リンパの流れや血流が悪くなります。ラーメンなど塩分の多い食事をとった翌朝も、むくみやすくなります。

このほか、お酒などアルコールは利尿作用があることで知られていますが、じつはその後に水分を溜め込みます。このため、飲みすぎもむくみをおこすのです。

朝のむくみ対策はバナナを1本食べる

そんなとき、朝食と一緒に摂ることで「むくみ対策」できる食材が「バナナ」です。バナナに豊富に含まれる「カリウム」には、摂りすぎた塩分と水分を排出してくれる作用があります。体内の血液に含まれる塩分を尿と一緒に排泄する作用があるのです。

朝のむくみ対策には、バナナ1本を食べることがオススメです。常温で手軽に食べられるため、体を冷やしにくいこともポイントです。ほかにも「メロン」や「キウイ」「さくらんぼ」「いよかん」「桃」「オレンジ」など、カリウムを豊富に含む果物があります。

また、バナナ以上にカリウムが豊富なのが「アボカド」です。バナナ1本とアボカド1個を比べると「2.5倍」も多くカリウムを含んでいます。時間に余裕があるなら、朝食にアボカドを食べるとよいでしょう。

■「むくみ」おすすめ記事
カリウム豊富「オカヒジキ」むくみ解消に効く
足のむくみ対策には「ローファー」がイイ!?
下半身のむくみは「40度の全身浴」で解消!

■「小顔」おすすめ記事
わずか数分で小顔に変身「黒かっさ」パワー
薄毛が改善!若返り小顔マッサージのやり方

■「朝食」おすすめ記事
1週間で効果が出る「朝食抜きダイエット」
「朝食抜きダイエット」は歴史的に正しい!?
代謝を促進させる成長ホルモンは「空腹時」に分泌される
朝食「時々」は「毎日」「食べない」より4倍もメタボに!
朝食前にホットヨーグルトを食べるとやせる

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事