健康生活の知恵袋
巷で話題の健康情報を紹介しています。

インナーマッスルには「木綿豆腐」がイイ!

ダイエット食材の代表格ともいえる「豆腐」ですが、じつは「絹ごし豆腐」と「木綿豆腐」とでは含まれる「たんぱく質」の量が違うのをご存じですか? とくにインナーマッスルを鍛えるダイエットをしているなら、迷うことなく「木綿豆腐」を選びましょう。



スポンサーリンク
インナーマッスルには「木綿豆腐」

豆腐は高たんぱくで筋肉を増やす役割

ダイエットのために筋肉を増やしたり筋力を向上させるには、その原料となる良質な「たんぱく質」が必要になります。そんなときに重宝するのダイエット食材が「高たんぱく低カロリー」な「豆腐」です。

この豆腐には、がっちりした食べ応えのある「木綿豆腐」と、のどごしの柔らかい「絹ごし豆腐」があります。じつはこの2つの豆腐、それぞれ製法が違うことによって含まれる栄養素にも違いがあるのです。

「木綿豆腐」は、豆乳に凝固剤を加えて一度固めたものを崩して、木綿の布を敷き入れた容器に入れて圧力をかけ、水分をしぼって再び固めたもの。一方の「絹ごし豆腐」は、木綿豆腐よりも濃い豆乳に凝固剤を加えて、そのまま固めて作ったものです。

インナーマッスルを鍛えるなら木綿豆腐

こうして「木綿豆腐」のほうが栄養素が凝縮されるため、絹ごし豆腐より「たんぱく質」や「カルシウム」が約2~3割多く含まれています。ただし、水分を絞るときに「ビタミンB」や「カリウム」が流れてしまうため「絹ごし豆腐」は木綿豆腐よりビタミンBやカリウムなどの栄養が多く含まれているのです。

このため、インナーマッスルを鍛えて代謝を上げるダイエットをするなら「木綿豆腐」がオススメ。なるべく良質なタンパクを多く摂ることが求められるからです。しかも、糖質量も木綿豆腐のほうが少ないですから、スーパーなどで豆腐を選ぶときは「木綿豆腐」を選ぶようにするとよいでしょう。

■「豆腐」おすすめ記事
「しょうが豆腐」ダイエットなら半年で12kg減

■「インナーマッスルの鍛え方」おすすめ記事
腹筋インナーマッスルが鍛えられる呼吸法
腹筋インナーマッスルを鍛えるには「胸式呼吸」を意識する
腹筋インナーマッスルを鍛えるウォーキング法
インナーマッスルを鍛える「点字ブロック」

■「インナーマッスル」おすすめ記事
インナーマッスルでやせる【簡単3ステップ】
腹筋インナーマッスル強化でお腹周りをダイエット
腹筋インナーマッスルを徹底的に強化する方法
すぐできる!腹筋インナーマッスルのトレーニング法
インナーマッスルを鍛えると腸が元気に!

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事