健康生活の知恵袋
巷で話題の健康情報を紹介しています。

腹筋インナーマッスルを鍛えるウォーキング法

腹筋運動では凹ませられないお腹周りのたるみを解消してくれる「腹筋インナーマッスル」ですが、日常生活のなかで無理せずとも十分に鍛えることが可能。なかでも「腹筋インナーマッスルウォーキング」は、すぐにでも実践できるのでオススメです。さっそく、そのウォーキングの方法を詳しく解説していきます。



スポンサーリンク
腹筋インナーマッスルを鍛えるウォーキング法

腹筋だけでなく背筋にも力を入れるように

そのウォーキング法は、簡単にいえば「お腹を凹ませた状態で姿勢よく歩く」というもの。とはいえ、ふだんから姿勢のよいウォーキングを心がけていないと、うまく腹筋インナーマッスルを鍛えることができません。

【腹筋インナーマッスルウォーキング】

  1. まずは歩きながら息を吐いてお腹を凹ます
  2. そのお腹の状態をキープしながら呼吸を続ける
  3. お腹とともに背筋にも力を入れて両側から腹部を直立させる
  4. 頭の頂点から糸で吊るされているイメージで背筋を伸ばす
  5. その状態で腰を押し出すように足を運ぶ
  6. このときに足の付け根と腹筋の間を意識する
  7. この部分が左右の足を運ぶたびにのびるようにする

ポイントは、頭の頂点から糸でつるされているイメージ。腹筋だけでなく背筋にも力を入れるようにするとよいでしょう。顔が上がってしまわないように、あごを引くことも忘れないでください。

腹筋インナーマッスルは腹横筋と腹斜筋

ちょっとした移動時間をウォーキングに活用

慣れないうちは、10秒ほどこの意識で歩くだけで十分です。徐々に時間を30秒、1分、2分と伸ばしていけばOKです。このウォーキング法を朝晩の通勤時などに5分も行えば、腹筋インナーマッスルがだいぶ鍛えられていることが実感できるはずです。

オフィスや自宅などでのちょっとした移動時などに実践するのもよいでしょう。いずれにしても、いま何もしていない状態よりも、腹筋インナーマッスルを意識して鍛える時間を増やしていくことが大切です。日常のすきま時間を有効に活用してください。

さらにもう一段階、腹筋インナーマッスルを鍛えたいなら、わざと足場の悪い場所を選んで歩くのがオススメです。砂場や砂利道、点字ブロックの上などでもよいでしょう。足元の微妙なぐらつきが腹筋に細かな刺激を与えるので、よりインナーマッスルに効くウォーキングになります。

■「ウォーキング」おすすめ記事
インナーマッスルを鍛える「点字ブロック」
「パワーウォーキング」は週2~3回でOK
認知症が予防できる「ひらめきウォーキング」
体のゆがみを改善するウォーキング法

■「インナーマッスルの鍛え方」おすすめ記事
インナーマッスルでやせる【簡単3ステップ】
腹筋インナーマッスル強化でお腹周りをダイエット
腹筋インナーマッスルを徹底的に強化する方法
すぐできる!腹筋インナーマッスルのトレーニング法
腹筋インナーマッスルが鍛えられる呼吸法
インナーマッスルを鍛えると腸が元気に!

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事