健康生活の知恵袋
巷で話題の健康情報を紹介しています。

インナーマッスルがウエストを細くする理由

インナーマッスルを鍛えなければ、ウエストは細くなりません。というのも、お腹まわりが太くなる原因は「内臓下垂」にあるからです。内臓下垂の解消には腹筋のインナーマッスルが重要。インナーマッスルでウエストを細くする理由を解説していきましょう。



スポンサーリンク
インナーマッスルと内臓下垂

インナーマッスルを鍛え直す

内臓下垂とは、加齢による腹筋インナーマッスルの衰えによって、内臓が正しい位置から下がってしまっている状態。上から押されて詰まった内臓群が横に広がって、お腹周りを太くしているのです。

このため、腹筋運動をしただけではウエストは細くなりません。腹筋運動で鍛えられるのは腹直筋という、お腹の前部にある細長い筋肉。垂れ下がった内臓の位置を、元に戻してはくれないのです。

内臓下垂を解消するには、衰えた腹筋インナーマッスルを鍛え直すのが先決。腹斜筋や腹横筋と呼ばれるお腹を包み込んでいるインナーマッスルです。

インナーマッスルでダイエット

腹筋インナーマッスルを鍛える基本は、お腹を凹ませた状態をキープすることにあります。立っていても座っていても歩いていても、思いついたときにお腹を凹ませた状態を維持するのです。

やり方としては、深呼吸して息を吐くと同時にお腹を凹ませます。その状態をキープして呼吸を継続。息を吐くときに、さらにお腹を凹ませようとすると、効果がアップするでしょう。

腹筋インナーマッスルを鍛え直して内臓が正しい位置に戻ると、ウエストは自然と細くなります。内臓も活性化するので便通もスッキリ快調。インナーマッスルも付きますから基礎代謝もアップしています。腹筋インナーマッスルはいろいろな意味で、ダイエット体質に変えてくれるのです。

■「インナーマッスル」おすすめ記事
腹筋インナーマッスルが鍛えられる呼吸法
腹筋インナーマッスルを鍛えるウォーキング法
インナーマッスルを鍛えると腸が元気に!
腹筋インナーマッスルを鍛えるには「胸式呼吸」を意識
すぐできる!腹筋インナーマッスルのトレーニング法
腹筋インナーマッスルを徹底的に強化する方法
腹筋インナーマッスル強化でお腹周りをダイエット
インナーマッスルでやせる【簡単3ステップ】
葛西も実践!インナーマッスルトレーニング
女性にピッタリ!腹筋インナーマッスル強化

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事