健康生活の知恵袋
巷で話題の健康情報を紹介しています。

腹筋を割るには筋トレが先?有酸素運動が先?

体脂肪を減らして腹筋を割るには、筋トレと有酸素運動の組み合わせがよいというのは聞いたことがあるはず。それでは、腹筋を割るにはどちらを先にやったほうがよいのでしょう? まずは筋トレを先にやって、その20分後に有酸素運動をするのが正解です。



スポンサーリンク
腹筋を割るには筋トレと有酸素運動はどっちが先?

腹筋を割るには筋トレを先にやる

腹筋を割るには、筋トレを先にやったあとに有酸素運動をするのがベストです。そもそも、運動のエネルギー源は筋肉などに蓄えられた糖質と、体脂肪に蓄えられた脂質になります。

そして筋トレのあとは、エネルギー源となる糖質が枯渇しやすい状態です。そこで有酸素運動を行うと、もう1つのエネルギー源である脂質が優位に使われるからです。これが筋トレを先に行う理由の1つになります。

もう1つの理由は、先に運動強度の高い筋トレを行うと、脂肪分解ホルモンが分泌されやすくなりこと。脂肪は分解されたあとに消費されるものなので、分解がある程度進んだ状態で有酸素運動を行ったほうが効率がよいのです。

筋トレ後の有酸素運動で腹筋を割る

脂肪分解ホルモンとは、筋トレによって分泌されるアドレナリンと成長ホルモンこと。筋トレを行うとまずアドレナリンが分泌、少し遅れて成長ホルモンが分泌されます。

事前に筋トレをやっておけば、いきなり有酸素運動をやるよりも脂肪燃焼がアップ。そして、アドレナリンと成長ホルモンの分泌ピークが重なるのが筋トレ開始20分後。これが有酸素運動のベストタイミングです。

なお、筋トレはとくに腹筋を意識する必要はありません。スクワットなど大きな筋肉を刺激するのがオススメです。腹筋を刺激しなくても、筋トレのあとにジョギングなどの有酸素運動を行えば、腹筋を割ることができます。

■「腹筋を割る」おすすめ記事
腹筋を割る「レッグレイズ」は45度以上は意味ナシ
アイソメトリックのクランチで腹筋を割る方法

■「腹筋」おすすめ記事
すぐできる!腹筋インナーマッスルのトレーニング法
腹筋インナーマッスルを徹底的に強化する方法
腹筋インナーマッスル強化でお腹周りをダイエット
腹筋インナーマッスルが鍛えられる呼吸法
腹筋インナーマッスルを鍛えるウォーキング法

■「筋トレ」おすすめ記事
腸腰筋トレーニングで食べても太らない体になる!
菱形筋の筋トレで慢性的な肩こりが解消した!!

■「有酸素運動」おすすめ記事
週3回の有酸素運動が記憶力をアップさせる

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事