健康生活の知恵袋
巷で話題の健康情報を紹介しています。

ドローイン効果だけで腹筋を割ることは無理

ドローインは意識的にお腹をへこませた状態で呼吸を行うエクササイズ。ウエストをシェイプする効果があることで知られています。しかし、ドローイン効果だけで腹筋を割ることは無理な話。鍛えられる筋肉の場所も違いますし、燃焼させる体脂肪の種類も違っているのです。



スポンサーリンク
ドローイン効果だけで腹筋を割ることは難しい

ドローインで鍛えられる腹横筋

ドローインのやり方は、まず仰向けになって息を吸いながら腹部をいっぱいにふくらませてください。次に、ゆっくり息を吐きながらお腹をへこませます。下腹部全体をグーッと沈ませるイメージです。

そして、お腹のへこませたまま肋骨を上下させて軽く呼吸。なるべく長い時間、へこませたお腹をキープするのがドローインです。

ドローインで鍛えられる筋肉は「腹横筋」というインナーマッスル。腹横筋は腹圧を高める機能を受け持っているので、腹圧を上げて息を吐ききるときに最大限、使われるのです。

ドローイン効果は腹筋を割る下準備

腹横筋は腹部をコルセットのように覆っているインナーマッスル。この腹横筋の重要な役割の1つに、内臓を正しい位置に保って姿勢を安定させることがあります。その効果によって、ウエストがシェイプされるのです。

とはいえ、ドローイン効果だけでは腹筋を割ることはできません。鍛えられるのは腹部のインナーマッスルであるため、内臓の位置の矯正と内臓脂肪の燃焼には効果があります。しかし、腹筋を割るための腹直筋の強化や皮下脂肪の燃焼には効果が期待できないのです。

腹筋を割るという目的においては、ドローイン効果はいわばその下準備のようなもの。腹筋運動や有酸素運動を行う前にドローインを行うなど、腹筋を割るトレーニングにうまく組み込むようにしましょう。

■「ドローイン効果」おすすめ記事
ドローイン効果は肛門を締めるとアップする!?
ドローインは1日たった2分でも効果バツグン

■「ドローイン」おすすめ記事
激しい運動ナシでやせる「ドローインダイエット」
30秒で下腹部がへこむ「ドローインダイエット」

■「腹筋を割る」おすすめ記事
腹筋を割る「レッグレイズ」は45度以上は意味ナシ
アイソメトリックのクランチで腹筋を割る方法

■「インナーマッスル」おすすめ記事
すぐできる!腹筋インナーマッスルのトレーニング法
腹筋インナーマッスルを徹底的に強化する方法
腹筋インナーマッスル強化でお腹周りをダイエット
腹筋インナーマッスルを鍛えるウォーキング法

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事