健康生活の知恵袋
巷で話題の健康情報を紹介しています。

内臓脂肪がサプリ効果だけで減らせるメカニズム

内臓脂肪とは皮下に溜まるいわゆる皮下脂肪とは違って、腹腔内の内臓のまわりに付く脂肪です。内臓脂肪は溜まりすぎるとメタボリックシンドロームと判定。動脈硬化が急速に進行して、心臓疾患や脳卒中など重篤な病気を引き起こします。そんな内臓脂肪サプリ効果だけで減らせるメカニズムを見ていきましょう。



スポンサーリンク
内臓脂肪がサプリ効果だけで減らせるメカニズム

内臓脂肪をサプリ効果で減少させる

そもそも脂肪はまず皮下脂肪に蓄えられ、そこでまかないきれなくなると内臓脂肪として蓄えられるようになるもの。メタボリックシンドローム撃退のためにも、内臓脂肪を減らす努力は常にしておくべきでしょう。

一方で「皮下脂肪は定期預金で内臓脂肪は普通預金」ともいわれるように、付きやすくて落ちやすいのが内臓脂肪の特徴。そして、そんな内臓脂肪を手軽に落とすことができるのがダイエットサプリです。

内臓脂肪を減少させるには、脂肪の合成を抑えるか脂肪の分解を促すかしなければなりません。ダイエットサプリは脂肪の合成と分解のどちらか、もしくはその両方に効果を発揮するものです。

内臓脂肪がサプリ効果だけで減らせるメカニズム

内臓脂肪の減少を助けるサプリ効果

イソフラボンとは、いわゆるポリフェノールの一種。ポリフェノールは植物が持っている苦味や渋味、色の成分になります。鮮やかな色をした野菜や果物は、その色がポリフェノールです。

一口にポリフェノールといっても、さまざまな種類があります。実際、ポリフェノールは5千~8千種類ほどあるといわれているもの。このうち、葛(くず)の花に含まれているポリフェノールがイソフラボンということです。

大豆などに含まれることで知られるのがイソフラボン。そして、葛の花から抽出されたイソフラボンには、内臓脂肪などの体脂肪を減らすのを助ける効果があることが発見されました。その機能を利用したダイエットサプリが「スリムフォー」というわけです。

内臓脂肪がサプリ効果だけで減らせるメカニズム


スポンサーリンク

内臓脂肪の蓄積を抑え分解サポート

ダイエットサプリ「スリムフォー(slimfor)」は消費者庁に届け出済みの機能性表示食品です。機能性表示食品とは、事業者の責任で科学的根拠をもとに特定の目的が期待できることを表示できる食品。機能性や安全性に関する根拠が消費者庁に届けられています。

すなわち、スリムフォーの主成分である葛の花から抽出されたイソフラボンは、内臓脂肪などの脂肪の蓄積を抑え、分解をサポートしてくれる成分ということです。

ちなみに葛は、その根を砕いて精製して作るのが葛粉。和菓子の葛餅の原料となります。また、根を乾燥させた生薬が葛根。漢方薬の葛根湯の原料です。葛は古くから薬用として古くから用いられているのでした。

→続きはこちら

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事