健康生活の知恵袋
巷で話題の健康情報を紹介しています。

女性に急増!サルコペニア肥満を防ぐ方法

いま急増しているのが、見ためや体重ではわからない肥満「サルコペニア肥満」です。じつに40代以降の「4人に1人」が「サルコペニア肥満」の予備軍だとか。サルコペニア肥満の簡単なチェック方法と、それを防ぐ方法を紹介しましょう。1月26日放送『駆け込みドクター!』の「運命を変える診断SP」で取り上げられていました。



スポンサーリンク
サルコペニアは片足で靴下が履けるかでチェック

サルコペニア肥満の危険性

「サルコペニア肥満」は、2つの言葉の組み合わせです。サルコペニアは筋肉の減少を意味する老化現象。年齢とともに体の筋肉量がかなり減った状態を表します。肥満は文字どおりの意味です。この両方を持ってしまった状態がサルコペニア肥満。筋肉が減った部分に脂肪が蓄積した状態です。

サルコペニア肥満の怖さは、見た目や体重では見分けがつかないことです。筋肉の量は20代をピークに減少。自分では気づかないうちに、脂肪は徐々に増えていくのです。

なかでも危険なのは「食事だけのダイエット」をよくやる人。食事制限によるダイエットは、脂肪だけではなく筋肉も落ちて体重が減るのです。逆にいうと、筋肉減少を促進させていると同じことなのでした。

サルコペニア肥満のチェック方法

最近では、30~40代でサルコペニア肥満と判定される人も出てきています。そうなると、糖尿病や高血圧などの生活習慣病になるリスクが「3倍から7~8倍」も高くなるのです。

じつは筋肉の働きは、体を動かすことだけではありません。筋肉は血液中の糖分を取り込む働きも担っています。筋肉量が減ると糖分が十分に取り込まれず、血液中に多く残ってしまうことに…。筋肉の減少が糖尿病のリスクとなるわけです。

サルコペニア肥満の簡単なチェック方法は「立ったまま靴下を履けるか」。片足立ちでどこにもつかまらずに履けるなら、ある程度は筋肉がついていることを示しています。


スポンサーリンク

サルコペニア肥満を防ぐ方法

このサルコペニア肥満を防ぐ方法は「筋肉をつけること」。それには「スクワット」が一番よい方法です。筋肉の大部分は下半身に集まっています。とくに、もっとも大きな筋肉を鍛えるスクワットが効果的です。

ただし、正しい姿勢で行う必要があります。とくに注意すべきは、ひざが足先より前に出ないようにすること。人差し指で足の付け根を後ろに押しながら、ひざを曲げるとよいでしょう。

洋式トイレの便座に座るイメージです。無理をせず、1日10回を週5回行うことを目標にがんばりましょう。

■「サルコペニア肥満」おすすめ記事
サルコペニアを一瞬で検査「指わっかテスト」
話題の「サルコペニア肥満」のチェック方法
サルコペニア肥満に「豆乳生姜鍋」がイイ理由
サルコペニア肥満に「フラダンス」がオススメ

■「肥満」おすすめ記事
「睡眠不足」が肥満を引き起こすメカニズムとは
妊娠中のダイエットは子どもを肥満にさせる
最新肥満治療!脂肪吸収を抑える新薬が登場

■「女性」おすすめ記事
女性にピッタリ!腹筋インナーマッスル強化
女性が糖質制限に失敗する3つの理由とは?
西村知美も悩む…女性7人に1人は「尿漏れ」

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事