健康生活の知恵袋
巷で話題の健康情報を紹介しています。

ウォーキングの消費カロリーは時速7kmがベスト

必ずしも走るほうが、歩くより消費カロリーが高いわけではありません。ちょっとしたウォーキングの工夫で、走るよりも効果的に消費カロリーを上げられます。それがギリギリがんばれば歩ける時速7kmのウォーキング。普通に歩くより1.5倍も消費カロリーがアップします。



スポンサーリンク
ウォーキングの消費カロリーは時速7kmがベスト

消費カロリーが高くなるウォーキング

ウォーキングとランニングの境目は、時速8kmといわれています。たとえば、スポーツクラブなどのランニングマシンで時速5kmほどの歩くペースからはじめるもの。そして、走ったほうがラクというウォーキングの限界が時速7kmを超えたくらいです。

そして、この一歩手前のギリギリがんばれば歩けるペースの時速7kmが、もっとも消費カロリーが高くなるウォーキング方法です。

歩こうと思えば歩けるギリギリのペースは、走ってしまえば楽になるのはイメージできるはず。このように、すべてにおいてウォーキングよりもランニングのほうが消費カロリーが高いとはいえません。

時速7kmで歩くと消費カロリー1.5倍

そして、歩くのが限界という時速7kmのウォーキングを、背筋を伸ばして大またで、息が弾むぐらいのスピードで行います。これで走らなくても、ジョギングと代わらない有酸素運動の効果があるのです。消費カロリーもジョギングよりも多くなります。

また、ランニングやジョギングはどうしても膝や股関節に負担がかかるもの。ウォーキングならよほどのことがない限り、関節を痛めることはありません。

通勤時に1日5~10分ほど歩いている人は多いはず。人によっては合計で20分以上も歩いている人もいるでしょう。その時間をトレーニングと考えて、ギリギリ歩ける時速7kmウォーキングを行うのがオススメ。普通に歩くよりも、1.5倍は消費カロリーがアップします。

■「ウォーキング」おすすめ記事
腹筋インナーマッスルを鍛えるウォーキング法
インナーマッスル強化!ダイエットウォーキング
「パワーウォーキング」は週2~3回でOK
リバウンドを防ぐ1時間15分のウォーキングとは
ウォーキングダイエット!効率よく代謝UP
「内臓脂肪」効率的に減らすウォーキング法

■「カロリー」おすすめ記事
カロリー制限より効く!糖質制限ダイエット
寒天ダイエット!カロリー減で激うまレシピ
どっちが正論?「糖質制限vsカロリー制限」
食事量がカロリー基準からBMI基準に変更

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事