健康生活の知恵袋
巷で話題の健康情報を紹介しています。

普通はヌンチャク!?ネイマールの足は「ムチ」

2013年6月に開催されたコンフェデ決勝。ネイマール自身がここ数年のベストゴールに挙げるプレーが生まれました。そのシュートにこそ、ネイマールのキックの秘密が隠されています。それを可能にした理由は「ひざ」にあったのです。6月1日放送『ミラクルボディー』の「W杯ネイマール変幻自在の至宝」で取り上げられていました。



スポンサーリンク
neymar02 (480x394)

ネイマールのシュートを可能にしたのはひざ

そのプレーは、ペナルティエリア前の左サイドでネイマールが受けたボールを、いったんオスカルに預けてゴール前に切り込み、受けたボールをワントラップしてゴール左上に決めたシュートです。

スペインの守護神・カシージャスが見たのはネイマールの軸足。ゴール右を向いていたのです。しかし、ネイマールは「ゴールキーパーが予想していないのはどこか考えていた。そのほうが得点できる確率が高まるから」と話します。ネイマールが狙ったのは「左」。しかも高い位置でした。

軸足を右に向けながら逆の左に決める…人間の動きを測定してコンピュータに取り込む「モーションキャプチャー」で調べてみると、そんな常識破りのシュートを可能にした理由は「ひざ」にありました。

ネイマールの蹴り方は足の付け根が始点

ドイツ・ブンデスリーガで活躍する乾選手と比べてみます。シュートの一連の動作を見ると、乾選手は途中でひざの位置を固定し、そこを基点にひざ下を振っています。教科書どおりのオーソドックスな蹴り方です。

一方のネイマールはひざを固定しないまま、足全体で振り抜いています。普通の選手が2つの関節で、まるで「ヌンチャク」のように足を振るのに対して、ネイマールのキックはそれがつながった「ムチ」のようなキック。この蹴り方こそが、シュートの予測を困難にしているのでした。

シュートの基本とされるヌンチャクのような蹴り方は、ひざを固定することでボールを確実に捉えています。しかし、この蹴り方ではひざを固定した時点でシュートコースが決まってしまうのです。

一方のムチのような蹴り方の場合、足の付け根を始点にしています。このため、ひざを自由に動かすことができるため、ギリギリまでシュートコースを調整可能。ネイマールにしかできない、しなやかな足使いといえるでしょう。変幻自在に相手を翻弄するネイマールの究極の姿がそこにありました。

■6月1日放送『ミラクルボディー』
【W杯ネイマール変幻自在の至宝】

ネイマールのスパイクに刻まれた文字の秘密
ネイマールの真骨頂!伸びるシュートの理由

■「ネイマール」関連おすすめ記事
ネイマール実践!相手の動きを模倣する練習
「筋肉収縮」を捉えるネイマールのドリブル
ネイマール強烈シュートの秘密は「つま先」
「直観力」がハンパないシャビのMRI検査!
シャビ「知能テスト」状況把握が超速かった

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事