健康生活の知恵袋
巷で話題の健康情報を紹介しています。

青森県民は便秘知らず!秘密は「発酵漬け物」

厚生労働省が便秘だと訴えている人の数を調査したところ、日本でもっとも便秘が少ない県は「青森県」です。ちなみに2位は佐賀県、3位は沖縄県でした。その青森県の食生活を調べてみると、便秘解消の秘訣が隠されていたのです。5月8日放送『あのニュースで得する人損する人』で紹介されていました。



スポンサーリンク
青森県民は便秘知らず!秘密は「発酵漬け物」

青森県民は大の漬物好きだった

実際、青森県民50人以上に取材してみると、東京都内の街頭取材では半数以上が便秘だったところ、便秘だった人はわずか5人だけ。たったの1割だったのです。確かに青森県民には便秘が少ないといえそうです。

じつは青森県民は大の「漬け物好き」。ラーメン屋でも「漬け物食べ放題」の店が多いとか。自宅でも漬け物を漬けている人ばかりです。

とある家庭のお昼の食卓には「キュウリとウドの漬け物」「キュウリと白菜の漬け物」「赤カブ付け」「たくあん」「人参の漬け物」「ウドの漬け物」「キュウリの三五八漬」「人参と大根の漬け物」…と8種類もの漬け物が並んでいました。もちろん、これらはすべて自家製です。

発酵漬け物は便秘解消に効果あり

このように、ぬか漬け・味噌漬け・麹付けのような乳酸菌の発酵をともなう「発酵漬け物」を、青森県民はよく食べます。これらの食品には乳酸菌が多く含まれており、それらを摂ると腸内に善玉菌が増加。これが腸内環境をよくする一番の力になるのです。

そこで、便秘歴がともに30年以上という一般女性に、発酵漬け物を食べてもらいました。すると見事に便秘が解消され、37歳の女性は45.8kgだった体重が「45.0kg」に、46歳の女性は54.0kgが「52.5kg」に減っていました。ポッコリしていたウエストもスッキリしています。

このように発酵漬け物は便秘解消に効果あり。腸内環境の改善には効果てきめんです。ただし、漬け物には塩分も含まれるため、食べすぎには注意してください。

■「発酵食品」おすすめ記事
腸内環境を若返らせる発酵食品の食べ方とは
3つの発酵食品で腸を若く保つ奥薗壽子レシピ

■「乳酸菌」おすすめ記事
朝食前にホットヨーグルトを食べるとやせる
屁が止まらない「水キムチ」で風邪を予防!
三浦理恵子の美の秘訣は「ぬか漬け」だった

■「便秘」関連おすすめ記事
1日10分の「うつ伏せ」で便秘が治った!!
松本明子が「便秘」解消で驚きの美肌に変身
女優・松原智恵子は腸年齢47歳で便秘知らず

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事