健康生活の知恵袋
巷で話題の健康情報を紹介しています。

お米好きも14kg減「もどきご飯ダイエット」

「ご飯」をどうしてもやめられなかった医師が開発した、脅威の「糖質制限法」があります。それが「もどきご飯ダイエット」です。開発者本人も14kgのダイエットに成功しています。4月7日放送『主治医が見つかる診療所』の「春の“超簡単ダイエット”スペシャル」で紹介されていました。



スポンサーリンク
お米好きも14kg減「もどきご飯ダイエット」

ご飯の代わりに炒り玉子を使う!?

東京都にある「お茶の水整形外科 機能リハビリテーションクリニック」で院長を務める銅治英雄医師が、脅威の糖質制限法の発明者です。銅治医師はひざや腰などの痛みに悩む患者が、1日に150人以上も訪れる評判の整形外科医です。お米やパンがどうしても食べたくなる人に、楽に糖質を摂らない方法を指導しています。

じつは、この糖質制限方法を考案したきっかけは自身の中年太りから。一度は糖質制限ダイエットを始めたものの、途中で断念してしまいました。というのも、新潟出身でもあり「無類のご飯好き」だからです。

そして、開発したのが「もどきご飯ダイエット」。食事の「ご飯」の代わりに「炒り玉子」を使うというものです。銅治医師自身、8年前に「68kg」あった体重が現在は「54kg」と「14kg減」を実現しました。

もどきご飯は卵以外でも作れる

「ご飯」を糖質の少ない卵を使った「もどきご飯」にすることで、その「糖質量は10分の1以下」になります。そして、ご飯を食べたときのような満足感があることも利点。これでストレスを感じないで済むといいます。

作り方は簡単。「6~10個」の卵をフライパンに入れたら、火にかけながら箸ですばやくかき混ぜるだけです。このとき「弱火」でゆっくり加熱するのが「ご飯粒の大きさ」にするポイント。強火だと大きくなってしまうのです。

「もどきご飯」は卵以外でも作れます。お米の食感に一番近いのは「カリフラワー」とか。2~3分、固めに茹でたカリフラワーを細かく刻むだけ。見ためもご飯にそっくりです。これで作ったチャーハンが絶品といいます。

このほか「木綿豆腐」を炒って作るのもよし。「エリンギ」をオリーブオイルで炒めて刻んで作るのもOKです。「モッツァレラチーズ」を刻むだけでも作れます。さらには「マッシュルーム」「おから」「キャベツ」「もやし」など、全9種類の「もどきご飯」をその日のおかずや料理に合わせて使い分けるのです。

■「食事ダイエット」おすすめ記事
きゅうりダイエットはすりおろすのが効果的
肉・卵・チーズを主食にするダイエット法!
目指せ糖質ゼロ!「ハイボールダイエット」
レトルトで効果アリ「朝カレーダイエット」
倖田來未もやせた!スルメダイエットの秘密
「しょうが豆腐」ダイエットなら半年で12kg減
1週間で効果が出る「朝食抜きダイエット」

■「ダイエット」おすすめ記事
腹筋インナーマッスル強化でお腹周りをダイエット
5分でウエスト-5cm!「オチョダイエット」
「腸腰筋エクササイズ」でウエストがマイナス5cm

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事