健康生活の知恵袋
巷で話題の健康情報を紹介しています。

早わかり【オチョダイエット】5ステップ

いま巷で話題の「オチョダイエット」。「オチョ」とはスペイン語で数字の「8」のこと。文字どおり、腰を「8の字」に動かす、俳優・進藤学さんが提唱しているダイエット方法です。そして、腰以外にも腕や下半身など8の字に動かすことで、気になるポイントを徹底的にシェイプアップすることもできます。そのオチョダイエットが早わかりできる5つのステップを紹介しましょう。

【ステップ1】まずは基本の腰の動き



スポンサーリンク
まずは基本の腰の動きからマスター
足は肩幅くらいに開いて、頭頂部を糸でつられるイメージでまっすぐに立ちます。そして、上半身は常に正面をキープするようにします。この状態で、上から見て8の字を描くように、腰を左右と前後に動かすのです。
5分でウエスト-5cm!「オチョダイエット」

【ステップ2】胸・腕・おしりオチョ

胸・腕・おしりを8の字に動かす
じつはオチョダイエットにはぜんぶで8つの動きがあり、お腹まわりはもちろんのこと、脚や二の腕、ヒップなどにも効果があります。今回は日常生活の中でできる「ながらオチョ」を紹介しましょう。
腹・腕・ヒップをシェイプ「ながらオチョ」


スポンサーリンク

【ステップ3】究極のオチョとは

「究極のオチョ」はバストとくびれに効く!!
「バストオチョ」は、まず左右の手のひらをしっかり合わせて押し合います。ここまでは一般的なバストアップの方法。ここで合掌したまま、自分の胸に数字の「8」が書かれているイメージで8の字を描きます。
「究極のオチョ」はバストとくびれに効く!!

【ステップ4】下半身オチョの効果

「下半身オチョ」はヒップアップに効果アリ
足は肩幅よりも少し広めに開きます。ここから「基本の動き」です。まずヒップを意識しながら背伸びしてください。そこからジワジワとふくらはぎを意識しながら下ろします。そして、リラックス。
最新「下半身オチョ」でふくらはぎシェイプ

■「ダイエット」おすすめ記事
腹筋インナーマッスル強化でお腹周りをダイエット
1週間で効果が出る「朝食抜きダイエット」
激しい運動ナシでやせる「ドローインダイエット」
4か月で20kg減「長続きする」ダイエット法
「しょうが豆腐」ダイエットなら半年で12kg減
8時間ダイエットは何をどれだけ食べてもOK!

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事