健康生活の知恵袋
巷で話題の健康情報を紹介しています。

驚異!臓器でなく「大便」移植で病気が治る

人間の健康にとって「腸内環境」が重要な役割を果たすことが認知され始めています。そんななか、健康な人の大便を腸の病気に悩む人に移植する「便移植」という治療方法が現実味を帯びてきました。下痢や腹痛などを繰り返す薬で治らない腸の病気に悩む患者の腸に、健康な人の便を移す「便移植」の臨床試験を慶応大学病院が始めたのです。



スポンサーリンク
injection

人間の腸内には500~1,000種類、100兆個以上の細菌が住んでいて、免疫や栄養素の分解などにかかわっています。「腸内環境」を良好にすると免疫力がアップして、アレルギー症状の緩和や風邪をひきにくい体質につながるだけでなく、美肌などにも効果があることが最近の研究で明らかになってきました。

しかし、大腸粘膜に潰瘍ができる「潰瘍性大腸炎」など腸の病気の患者は、細菌の種類も個数も少ないという腸内環境なのだとか。そこで慶応大学病院は3月下旬、臨床試験の1例目となる潰瘍性大腸炎の40代男性に親族の便を移す「便微生物移植」を行いました。

気になる「便移植」の方法は、便を生理食塩水と混ぜてフィルターで濾過した液体を注射器に入れ、50~300gほどを内視鏡で大腸に注入する…というもの。提供者は配偶者か2親等以内の家族としています。

臨床試験は潰瘍性大腸炎のほか、下痢を繰り返す「過敏性腸症候群」や「難治性感染症」、消化管に炎症がおきる「腸管ベーチェット病」の患者計45人が対象。潰瘍性大腸炎の患者は国内に約14万人、過敏性腸症候群は約1,200万人との推計があるほどです。

じつは「便移植」は欧米での研究が進んいでいます。2013年、米医学誌に掲載された論文では、難治性感染症の患者約40人を従来の薬による治療と便移植とに分けて経過をみたところ、従来の治療が20~30%しか治らなかったのに対して「便移植」は94%に効果がありました。

ヨーグルトで「腸内環境」を改善に励む人が増えていますが、将来的には「便サプリメント」で特定の細菌を取り込むような時代が来るかもしれません。いずれにしても「腸内環境」がますます注目されることは間違いないでしょう。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事