健康生活の知恵袋
巷で話題の健康情報を紹介しています。

8時間ダイエットと朝食抜きはほぼ同じ効果

食べる食材や量にいっさい制限がないのが「8時間ダイエット」の特徴。唯一の制限は1日8時間の間しか食べられないということです。じつはこれ、朝食抜きダイエットとほぼ同じ効果を狙ったもの。8時間ダイエットと朝食抜きダイエットを詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
8時間ダイエットと朝食抜きダイエット

8時間ダイエットは食材の制限なし

8時間ダイエットはアメリカ生まれ。1日8時間の間ならいつ何をどれだけ食べてもOKというダイエット法です。

食べる量は気にせずに、8時間のあいだに3食を食べます。朝8時に朝食を食べたら、夕方4時までに3食を食べ終えるということ。8時間ダイエットでは、その間の食材の制限はいっさいありません。

じつは8時間ダイエットはアメリカ国立衛生研究所などの実験を元に編み出されたもの。ポイントは食事をしない16時間にあります。8時間ダイエットは、残りの16時間は何も食べないというダイエット法なのです。

8時間ダイエットと同じ空腹感

空腹状態になると血液中のブドウ糖や血糖が減り、脂肪が燃焼しやすくなります。食べない16時間に脂肪を消費できるぶん、8時間は好きなだけ食べてもよいというわけです。

この8時間ダイエット、原理的には朝食抜きダイエットとほぼ同じ。朝食抜きダイエットは文字どおり、朝ご飯を抜くだけのお手軽ダイエット法です。

朝食を抜くということは、その日の食事は12時の昼食でスタート。夕食を夜8時までに食べると、8時間ダイエットが実現します。実際、朝食抜きダイエットも昼食前の空腹感がきついもの。空腹状態で脂肪を燃焼しやすくさせる8時間ダイエットと原理は変わらりません。

■「8時間ダイエット」おすすめ記事
8時間ダイエットは何をどれだけ食べてもOK!

■「ダイエット」おすすめ記事
腹筋インナーマッスル強化でお腹周りをダイエット
1週間で効果が出る「朝食抜きダイエット」
激しい運動ナシでやせる「ドローインダイエット」
4か月で20kg減「長続きする」ダイエット法
「しょうが豆腐」ダイエットなら半年で12kg減
5分でウエスト-5cm!「オチョダイエット」

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事