健康生活の知恵袋
巷で話題の健康情報を紹介しています。

おすすめ!インスタントコーヒーが挽きたての味に

同じインスタントコーヒーの粉なのに、ちょっと入れ方を工夫するだけで、まるで挽きたてのウマさに変身してしまうおすすめの裏ワザがあります。コーヒー通も絶賛するその方法を見てみましょう。9月10日放送『ためしてガッテン』の「仰天!食卓の魔法SP」で紹介されていました。



スポンサーリンク
おすすめ!インスタントコーヒーが挽きたての味に

インスタントコーヒーがまろやかに!

インスタントコーヒーを挽きたてのウマさに変えるおすすめの裏ワザは、次のとおりです。

カップに適量のインスタントコーヒーの粉を入れたら、ティースプーン1杯分のお水を入れます。そして、練りつぶすように粉を溶くのです。これをお湯に溶かすと完成。水で粉を練るだけで味がまろやかになります。

実際に、インスタントコーヒーを普通に入れたものと水で溶いてから入れたものを飲み比べると、水で溶いたものがほうがスッキリとしていて甘みを感じます。コーヒー通もうなる味でした。

粉がよく溶けるとカップの音が違う

この2種類のコーヒー、カップをスプーンで叩いてみると微妙に音が違います。水で溶いてから入れたほうは、やや音が低く聞こえるのです。これはコーヒーの中に含まれている泡の違いによるものといいます。

というのも、インスタントコーヒーの粉を拡大してみると、1つ1つの粉には小さな穴が空いています。これは製造時に水分を飛ばすためにできる穴です。これを溶かすと、たくさんの空気が出て小さな泡が発生します。

つまり、この泡はインスタントコーヒーがよく溶けている証拠。それと同時に、この小さな泡が高い周波数の音を吸収します。これが叩いた音が少し低く聞こえる理由です。


スポンサーリンク

裏ワザはカップスープにもおすすめ

また、インスタントコーヒーを最初に溶かすのはティースプーン1杯のお水です。溶かすといえばお湯ですが、この場合はなぜお水を使うのでしょう?

コーヒー豆にはもともと、でんぷんが含まれています。でんぷんに熱湯を注ぐと、それは片栗粉に熱湯を注ぐようなもの。コーヒーの粉がダマになってしまいます。それを水で溶いておけば、ダマになるのを防げるのです。

このお水で溶かすおすすめ裏ワザは、でんぷんを含む粉系のインスタント食品に応用できるもの。カップスープなどを溶かすときには、ティースプーン1杯の水であらかじめ溶かしてからお湯を注ぐと、ダマになりにくくなるのです。

■「インスタントコーヒー」おすすめ記事
おすすめダイエット食材はインスタントコーヒー

■「コーヒー」おすすめ記事
運動の30分前にコーヒー1杯を飲んでダイエット
脂肪燃焼UP!運動1時間前のコーヒー2杯
昼寝は「コーヒー飲んで30分眠る」が正解!!
【缶コーヒー】糖質量は角砂糖3個

■「アレンジレシピ」おすすめ記事
インスタントラーメンを生麺風にアレンジする
ゆで時間たった1分「すいすいパスタ」とは?
糖質制限レシピ「ネギたっぷり納豆オムレツ」
糖質制限レシピの決定版!ふすまで作るケーキ
朝食前にホットヨーグルトを食べるとやせる

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事