健康生活の知恵袋
巷で話題の健康情報を紹介しています。

腰痛の原因は腸腰筋インナーマッスルにあった

腰痛の原因はじつは、インナーマッスルである腸腰筋にあります。腸腰筋の働きが弱まると、体のバランスがとりにくくなって姿勢が悪化。体が後ろに反りにくくなって猫背気味になって、腰痛が発症します。そして、そんな腰痛の原因を改善するのが腸腰筋ストレッチです。



スポンサーリンク
腰痛の原因は腸腰筋インナーマッスル

腰痛の原因は腸腰筋の張りだった

腸腰筋とは、背骨と足の付け根を結ぶ大腰筋と、腰骨と足の付け根を結ぶ腸骨筋を合わせたインナーマッスルのこと。腸腰筋は上半身と下半身をつなぐ重要な筋肉です。足を前に振り出す働きに加えて、骨盤を前傾させて姿勢を保持する役目を果たしています。

この腸腰筋の働きが弱まって張った状態になると、体が後ろに反りにくくなります。すると、猫背気味になって姿勢が悪化するのです。これが腰痛の原因になります。

そんな腰痛の原因を改善するのが腸腰筋ストレッチです。腸腰筋をゆるめることで張りを解消。姿勢がよくなって、腰痛が改善するというわけです。

腸腰筋ストレッチで腰痛の原因を改善

腰痛の原因を改善する腸腰筋ストレッチは、まずは床に仰向けになります。右ひざを曲げて、股関節を90度の角度にしてください。このとき、右手を骨盤に引っ掛けて、そこに左手を添えておきます。

ここで、右足をへそに向かって持ち上げるように少し力を入れてください。そして、筋肉の収縮を感じたらそのまま10秒キープするのです。あとは、息を吐きながら力を抜いてリラックスします。

腸腰筋の硬い人は、骨盤に指を引っ掛けただけで痛みを感じるはず。腸腰筋ストレッチを行うことで、筋肉の緊張がゆるんでいくことが実感できるでしょう。おのずと腰痛の原因も改善していくでしょう。

■「腰痛の原因」おすすめ記事
腰痛の原因を見極める「パトリックテスト」
腰痛の原因「仙骨の角度」カンタン測定法

■「腰痛の治し方」おすすめ記事
腰痛の原因は「仙腸関節」その驚きの治療法
腰痛の真犯人「仙腸関節」を自分で治す方法
抱き枕をひざ下に入れて寝れば腰痛が改善!
ヒネルトレーニングで腰やひざの痛みを克服
腰痛や冷え性を改善する「お尻マッサージ」

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事