健康生活の知恵袋
巷で話題の健康情報を紹介しています。

糖質制限ダイエットは痩せるけど早死にする事実

糖質制限ダイエットは、ご飯やパンなどの糖質を制限するだけで痩せられるというダイエット方法。手軽に痩せられるとして、いまやダイエットの定番となった感もあります。しかし、糖質制限ダイエットは着実に痩せる代わりに、早死にするリスクがあることがわかりました。



スポンサーリンク
糖質制限ダイエットは痩せるけど早死にする

糖質制限ダイエットの原理

糖質制限ダイエットの原理は、糖質の摂取を制限することで血糖値の上昇を抑制することで、脂肪合成を進めるインスリンの放出量を抑えることにあります。結果的に脂肪が分解されてエネルギーとして利用されるために痩せられるのです。

しかし、一方で糖質制限ダイエットは健康を害する可能性があることも指摘されています。糖質制限食を続けた人の死亡率について見てみましょう。

2010年に発表されたハーバード大学の調査では、13万人を20年以上にわたって追跡調査。その結果、糖質制限をした人の死亡率は、普通の食事をした人に比べて高くなっていました。

糖質制限ダイエットなら大豆

具体的には、糖質制限食によって男性は3割、女性は2割も死にやすくなっていたのです。しかも、死亡率は糖質制限が厳しくなるほど高くなる傾向にあったといいます。

もっとも危険なのは、動物性タンパク質を多く摂取して糖質制限をする人。その死亡率は、普通の食事をする人に比べて男性が1.5倍、女性が1.4倍になるのです。

一方、植物性タンパク質を多く摂取して糖質制限する人の死亡率は、男女とも0.8倍と低くなっています。糖質制限ダイエットをするなら、大豆や野菜などの植物性の食品をたくさん摂取する必要があるのでした。

■「痩せる」おすすめ記事
健康的に痩せるサプリの効能をしっかり把握する
EMSで脂肪が楽して落とせるメカニズムとは?
内臓脂肪がサプリ効果だけで減らせるメカニズム
ぽっこりお腹が加圧シャツで引き締まる理由とは

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。