健康生活の知恵袋
巷で話題の健康情報を紹介しています。

インナーマッスルがダイエットに効果のある理由

インナーマッスルを鍛えなければお腹まわりのダイエットは成功しません。なぜなら、お腹まわりが太くなっている原因は内臓下垂だから。内臓下垂の解消にはインナーマッスルを鍛え直す必要があります。だからこそ、インナーマッスルがダイエットに効果があるのです。



スポンサーリンク
インナーマッスルがダイエットに効果のあるワケ

単純な腹筋運動でダイエットは無理

そもそもインナーマッスルは、姿勢や関節を保持するための深部にある筋肉です。なかでも腹筋のインナーマッスルには、胃や腸などの内臓を正しい位置に保持する役目があります。

この腹筋のインナーマッスルの筋力低下でおきるのが内臓下垂。インナーマッスルの衰えで内臓が正しい位置から下がってしまっています。そして、下に詰まった内臓群が横に広がって、お腹周りを太くしているのです。

このため、ダイエットしようと単純に腹筋運動をしただけではウエストは細くなりません。腹筋運動で鍛えられるのはお腹の前部にある腹直筋。下垂した内臓の位置を、元に戻してはくれないからです。

インナーマッスルを鍛えてダイエット

内臓下垂を解消するには、衰えたインナーマッスルを鍛え直すのが先決。さっそく、インナーマッスルを鍛える方法を紹介しましょう。基本は、お腹をへこませた状態をキープすることにあります。

やり方としては、深呼吸して息を吐くと同時にお腹をへこませます。その状態をキープして呼吸を継続。息を吐くときに、さらにお腹をへこませるのがコツです。

インナーマッスルを鍛えて内臓が正しい位置に戻ると、お腹まわりは自然と細くなります。インナーマッスルも筋肉ですから基礎代謝がアップ。内臓も活性化するので便通もスッキリします。このようにインナーマッスルを鍛えことはダイエットに非常に効果的なのでした。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事