健康生活の知恵袋
巷で話題の健康情報を紹介しています。

血糖値を下げるセカンドミール効果で若返る!!

最近、注目されているのが「セカンドミール効果」です。朝に食物繊維が豊富なものを食べると、昼間の血糖値が上がりにくいというもの。この効果で血糖値を下げるには、どんな野菜をどのように摂ればよいのでしょうか? じつは血糖値の上昇を抑えてくれる野菜は「オクラ」や「モロヘイヤ」「ゴボウ」です。



スポンサーリンク
血糖値を下げるセカンドミール効果

血糖値を下げる効果ならオクラ

セカンドミール効果は、トロント大学のジェンキンス博士によって1982年に発表されたもの。最初に食べる食事「ファーストミール」と、次の食事「セカンドミール」の血糖値には関係性があり、ある食品を「ファーストミール」で食べることで「セカンドミール」以降の血糖値の上昇値が低くなる…というものです。

この血糖値を下げる効果を狙って食べるなら「オクラ」や「モロヘイヤ」などのネバネバ系の野菜だったり、「ゴボウ」などの食物繊維が豊富な野菜を朝食に摂りましょう。昼間の血糖値が上がりにくくする効果が期待できます。

太ることなく血糖値を下げる

さて、ヘルシーなイメージのある「野菜」ですが、さすがに夜に食べると太ってしまうものがあります。それは「糖質の多い野菜」です。イモ類やカボチャ、トウモロコシなどは糖質を摂りすぎてしまいます。

糖質はエネルギー源ではあるものの、そのあと動かなかったり頭を使わなかったりして、エネルギーに変わらなかったものは脂肪として蓄積されてしまうのです。このため、太る原因になってしまいます。

一方で、葉物野菜はカロリーも低いため、夜に食べても問題ありません。とくに、糖質が少なくて食物繊維が多いものは夜に食べても太りづらいといえます。太ることなく血糖値を下げるなら「トマト」や「キャベツ」「オクラ」などがオススメです。

■「血糖値を下げる」おすすめ記事
血糖値を下げる方法なら食前キャベツおすすめ
血糖値の上昇を抑えるトクホの三ツ矢サイダー
自分で血糖値をチェックする新製品が登場

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事