健康生活の知恵袋
巷で話題の健康情報を紹介しています。

血糖値を下げる方法なら食前キャベツおすすめ

血糖値を下げる方法なら「食前キャベツ」がおすすめ。血糖値を下げる方法といっても、そのやり方は食事の前に10分間、生のキャベツをよくかんで食べるだけと簡単です。なぜキャベツが血糖値を下げてくれるのかそのメカニズムを詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
血糖値を下げる方法なら食前キャベツ

なぜこの方法で血糖値が下がるか?

血糖値を下げる食前キャベツは、朝・昼・晩の3食の前に食べるのが理想ですが、大変であれば夕食前だけでもかまいません。1回に食べるキャベツの量は1玉の6分の1個ほどです。

食前キャベツのやり方のポイントは、生のまま10分間かけてゆっくりかむことです。なぜこの方法で血糖値が下がるかというと、そこには2つの理由があります。

血糖値を下げる理由の1つは、満腹中枢が刺激されること。10分間キャベツをかみ続けることで、満腹中枢が刺激されます。キャベツを食べるときは、タイマーを10分でセットするとよいでしょう。

食前キャベツが血糖値を下げる方法

すると、食事量を全体的に減らすことが糖質制限につながって、血糖値を下げることができるのです。胃に食べ物が入ったという情報が脳の満腹中枢に到達するには時間がかかるため、しっかり10分間かみ続けることが大切です。

血糖値を下げるもう1つの理由は、キャベツに含まれる食物繊維の効果。食前にキャベツを食べると食物繊維が小腸の粘膜に吸着。小腸に到達する糖質の吸収を緩やかにするのです。血糖値が急上昇を防止して、血糖値を下げることができます。

このように、食前キャベツが血糖値を下げる方法としておすすめ。さらに、生のキャベツにはビタミンCが豊富に含まれているため美肌効果もあります。肌にシワを作ることなく、血糖値を下げることができるというわけです。

■「血糖値を下げる」おすすめ記事
血糖値を下げるセカンドミール効果で若返る!!
血糖値の上昇を抑えるトクホの三ツ矢サイダー
自分で血糖値をチェックする新製品が登場

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事