健康生活の知恵袋
巷で話題の健康情報を紹介しています。

原因不明の冷や汗は無痛性心筋梗塞のサイン

まったく心臓の痛みを感じない「無痛性心筋梗塞」で年間1万~2万人が亡くなっているといいます。痛みを伴わないこの病気ですが、そこにはあるサインが隠されていたのです。それが原因不明の「冷や汗」。原因がわからずにいきなり冷や汗をかきはじめたら要注意なのです。10月16日放送『ためしてガッテン』の「心臓が停止する!まさかの奇跡の生還SP」で紹介されていました。



スポンサーリンク
原因不明の冷や汗が出る仕組み

冷や汗が心筋梗塞で出る原因とは?

このサインというのは「冷や汗」。無痛性の心筋梗塞だけでなく、痛みのある心筋梗塞でも現れます。このため、救急の現場では重要なサインとして、医師も注目しているものです。

心筋梗塞になると、全身に冷や汗をびっしょりかきます。救急の現場などでは、腕を触るとだらだらと汗をかいているわけではないが、しっとりとしている感じといいます。実際に無痛性心筋梗塞だった人も、尋常ではないほどの冷や汗をかいていました。

それでは、心筋梗塞に何が原因で冷や汗が出るのでしょうか? 心筋梗塞がおきたとき、心臓のポンプ機能が急激に弱まるため、全身に送られる血液の量が急減します。すると、身体が末端の血管を収縮させて、心臓や脳などの臓器に優先的に血液を送るように反応。大事な臓器を守ろうとするのです。

原因不明の冷や汗は無痛性心筋梗塞

一方で、私たちの全身の汗腺には根元に「汗だまり」のようなものが付いています。この汗だまりが、末端の血管が収縮したときに、同時に収縮。いわば巻き添えを食らう形で、汗が搾り出されるのです。運動も何もしていないにもかかわらずに汗が出てきます。

そして、驚いたり緊張したりなどさまざまな原因で冷や汗は出るものですが、原因不明でいきなり冷や汗をかきはじめたら要注意。これこそが、無痛性心筋梗塞のサインなのです。

心筋梗塞は心臓が弱って血液の循環が悪くなるもの。頭の血流の循環が悪ければ「めまい」がしますし、筋肉の血液の循環が悪ければ「だるさ」を感じます。皮膚の血液の循環が悪ければ「顔面蒼白」となります。


スポンサーリンク

原因不明の冷や汗で一大事になる症状

つまり「めまい」「だるさ」「顔面蒼白」のいずれかの症状に「冷や汗」が加わると、血液の循環不全がおきているということ。その原因が不明の場合は、一大事だと考えましょう。

無痛性心筋梗塞をおこす人には、いくつかの共通点があります。それは「糖尿病」「加齢」です。いずれも知覚神経が鈍くなってしまうため、痛みが脳に到達しません。

心筋梗塞は、病院で治療ができれば生存率は90%以上。病院に来てしまえば、カテーテルを使って閉塞した血管を通してしまえるからです。とはいえ、発症から2時間以内に治療を完了することが重要。気づいたらすぐに病院に行くようにしましょう。

■10月16日放送『ためしてガッテン』
【心臓が停止する!まさかの奇跡の生還SP】

痛みを感じない心筋梗塞はこうして発症する
胸の痛みの8割以上は心臓病が原因ではない

■「動脈硬化・心筋梗塞」おすすめ記事
動脈硬化の危険性の新指標「LH比」とは?

■「胸の痛み」おすすめ記事
水沢アリーを襲うプチ不調は「激しい動悸」
ふくらはぎや膝裏の痛みは旅行者血栓症の前兆
ナゾの心臓病の典型的な事例2つ
ナゾの心臓病は「微小血管狭心症」

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事