健康生活の知恵袋
巷で話題の健康情報を紹介しています。

ふくらはぎや膝裏の痛みは旅行者血栓症の前兆

長時間の移動では、誰にも発症のリスクのある「旅行者血栓症=エコノミークラス症候群」ですが、実際にはどのように予防すればよいのでしょうか? 「旅行中」に注意すべき点をまとめて紹介します。また、実際に「旅行者血栓症=エコノミークラス症候群」になったときの初期症状も知っておきましょう。



スポンサーリンク
ふくらはぎや膝裏の痛みは旅行者血栓症の前兆

旅行者血栓症を予防する方法とは?

「旅行者血栓症=エコノミークラス症候群」の予防には、旅行中に注意すべきことがあります。しっかり覚えておきましょう。

1つめは「足を動かす」こと。1~2時間に一度は席を立ち、歩いたり軽い屈伸運動をして足の血流を改善しましょう。飛行機の場合は歩き回ることができませんが、トイレへ行くなどして少しでも足を動かす工夫が大切です。座っているときにも「ときどき足の指先を動かす」「足のつま先とかかとを交互に上げ下げする」「ふくらはぎをマッサージする」といった方法で、血液の流れを助けてあげましょう。

2つめは「こまめに水分補給する」こと。脱水症状を起こさないためには、定期的に水分補給することが大切です。水でもかまいませんが、スポーツドリンクなどのイオン飲料は体内の水分を保持するのに効果があります。レモンには血流を改善する働きがあるので、レモン果汁の入った飲み物をとるのもよいでしょう。逆に、アルコールや紅茶のような利尿作用のある飲み物は、尿が多く出てかえって脱水状態になることがあります。飲みすぎないように気をつけてください。

3つめは「楽な服装をする」こと。長時間座ることを考えて、服装はできるだけ楽なものを選びましょう。とくに下着類はきついものをさけ、ベルトはゆるめておきます。

旅行者血栓症をおこす前兆とは?

それでは、実際に「旅行者血栓症=エコノミークラス症候群」になってしまったときは、どのような症状が現れるのでしょうか? もしものときのために、ぜひ覚えておきましょう。

「旅行者血栓症=エコノミークラス症候群」の前兆として、足の「むくみ」とふくらはぎや膝裏付近の「痛み」をおこす人が少なくありません。また、息苦しさや胸の痛みがある場合は、軽度の旅行者血栓症をおこしている可能性もあります。

旅行時にこうした症状が見られたら、急に席を立つのは危険です。客室乗務員や周りの人に告げ、適切な処置をとってもらうようにしましょう。

■「胸の痛み」おすすめ記事
胸の痛みの8割以上は心臓病が原因ではない
水沢アリーを襲うプチ不調は「激しい動悸」
原因不明の冷や汗は無痛性心筋梗塞のサイン
痛みを感じない心筋梗塞はこうして発症する
ナゾの心臓病は「微小血管狭心症」
痛くないのに突然死する狭心症

■「ふくらはぎ」おすすめ記事
高血圧が治る!1日10分「ふくらはぎ健康法」
最新「下半身オチョ」でふくらはぎシェイプ
アキレス腱が太い人は「心臓病」の危険が!!

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事