健康生活の知恵袋
巷で話題の健康情報を紹介しています。

紅茶がおしくなる「95度の湯」の見極め方!!

コーヒーや緑茶の陰に隠れがちですが、じつは世界で一番多く飲まれている飲み物は「紅茶」。そんな紅茶を家庭で入れるとき、これだけ守れば「プロの味」に変わるスゴ技があります。3月26日放送『あさイチ』の「イチおし 紅茶の新常識」で紹介されていました。



スポンサーリンク
tea1

さっそく、家庭で紅茶をおいしく飲むためのスゴ技を紹介します。まずは、やかんに水道水をたっぷりと入れて火にかけます。そして、先ほどと同じ茶葉をティーポットに3杯。そして、沸騰直前に火を止めてお湯を一気に注ぎます。待つこと3分、これで紅茶のでき上がりです。

じつは、おいしい紅茶を入れるコツは「沸騰直前で火を止めること」。その温度は「95度」が理想なのです。

「100度」と「95度」のお湯をティーポットに入れて、その違いを見てみましょう。100度のお湯の場合、すぐに茶葉がポットの底に沈んでしまいます。一方の95度の場合、茶葉がいったんお湯の表面に浮いたのち、2分ほど経過すると茶葉がポットの中を回転し始めるのです。

これは「ジャンピング」と呼ばれる現象。茶葉が湯の中を動き回る過程で、ポリフェノールなどの香りや味の成分がバランスよく溶け出して、おいしい紅茶になるのです。

このジャンピング現象は、お湯の中の酸素濃度に大きく影響されます。まだ酸素が多い95度の場合は、茶葉の周りに小さな泡がびっしり。この泡の浮力によって茶葉が表面に持ち上げられるとともに、お湯の対流によってジャンピングがおきていたのです。

しかし、100度になると酸素濃度が減少。酸素がほとんどないために、浮力がなくて沈んでしまいます。また、95度より低い温度の場合、酸素濃度が高くて茶葉が浮きやすくなりますが、今度は逆に上がりっぱなしになるのです。

それでは「95度」という温度をどう見極めればよいのでしょう。それは、やかんのフタを開けて、湯の沸くときの「泡」に注目します。90度くらいでは小さな泡が少し浮いてきているだけですが、95度になると突然、浮き上がる泡の数が増加。そこが火を止めるポイントです。

なお、ミネラルウォーターで紅茶を入れる場合、水道水より酸素濃度が低くなっています。水を少し出して空気のエリアを作り、ペットボトルをよく振って酸素を含まれてから使うようにしましょう。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事