健康生活の知恵袋
巷で話題の健康情報を紹介しています。

鼻毛は抜くのではなく切ったほうが安全な理由

鼻毛は抜くのではなく切ったほうが安全。鼻毛を抜くと、場合によっては死に至る危険があるからです。じつは鼻周辺は脳へと続く細い血管がたくさんある場所。細菌が侵入して化膿すると、脳に影響が及ぼす場合があるのです。鼻毛を抜くのは危険なのです。



スポンサーリンク
鼻毛は抜くのではなく切ったほうが安全

鼻毛を抜くと死亡する場合も

もともと鼻の穴は、高温多湿で細菌が繁殖しやすい場所です。しかも、外部からの異物や粘膜からの分泌物が常に滞留。そんな場所で鼻毛を抜くと、毛穴に雑菌が入り込んで炎症をおこして化膿する危険があります。

あまり気にする人はいませんが、鼻は脳の神経に近い場所。化膿が脳に影響が及ぼして死亡する場合もあるのです。これはその昔、めんちょうが死に至る病気だったことと大いに関係します。

100年ほど前の日本では、めんちょうは死亡率の高い病気でした。めんちょうとは、鼻の頭など顔にできるできもののこと。細菌に感染して大きく化膿してしまうと状態をめんちょうといいます。

鼻の周辺は、脳へ続く細い血管がたくさんある場所。そこに細菌が侵入してしまうと、血管を通って脳の中まで到達。脳炎や脳髄炎を発症して、死に至ることがあったのです。現在では抗生物質の普及で、めんちょうで死ぬことはありません。

鼻毛を抜くと風邪をひきやすい

鼻毛を抜くことで、本来鼻が持っているフィルター機能も低下します。鼻は空気中の病原菌などを吸い込んでも、鼻粘膜の表面にある鼻毛や粘液などがそれをキャッチするのです。こうしたフィルター機能の低下は、風邪などをひきやすい体質を作ります。

さらには鼻毛を抜くことは、花粉症などのアレルギー症状を引き起こす可能性も…。というのも、鼻毛のフィルター効果がなくなると、外敵がノドをはじめとする体内に侵入。これら外敵に対する過剰反応が、数々のアレルギー症状です。

花粉症も、ノドなどから体内に侵入する花粉に対するアレルギー反応で発症するもの。鼻毛を抜かなければ、体内に侵入する花粉が減るというわけです。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事