健康生活の知恵袋
巷で話題の健康情報を紹介しています。

スリムフォーでダイエットできるメカニズムは?

「スリムフォー」とは、お腹の脂肪を減らすのを助ける機能性表示食品です。おなかの脂肪を減らすのを助ける葛の花由来イソフラボンを配合。スリムフォーを飲むことに加えて、適度な運動と食生活を組み合わせることでダイエットを実現します。スリムフォーでダイエットできるメカニズムを見ていきましょう。



スポンサーリンク
スリムフォーでダイエットできるメカニズムは?

スリムフォーで健康的にダイエット

古くから薬用として利用されてきたのが「葛(くず)」です。生薬としても利用される葛の根は、漢方では解熱や下痢止めなどの効能があるとされています。そんな葛の花由来のイソフラボンに、お腹の脂肪を減らす効果が発見されました。

ポリフェノールの一種である葛の花由来のイソフラボンは関与していると考えられます。具体的には、葛の花由来のイソフラボンには脂肪の合成を抑制する働きと、脂肪の分解を促進する働きがある考えられるのです。

この葛の花由来のイソフラボンの働きを使用して内臓脂肪を減らして、健康的にダイエットできるサプリが「スリムフォー」。1日4粒を目安に摂取しつつ、適度な運動とバランスに気を付けた食生活で、ダイエットで理想の体型を目指します。

スリムフォーで脂肪燃焼ダイエット

そもそも脂肪は合成と分解を繰り返しているもの。合成が分解を上回れば脂肪の量は増え、分解が合成を上回れば脂肪の量は減少するわけです。スリムフォーは脂肪の合成の抑制と、脂肪の分解の促進の両方にアプローチすると考えられます。

また、体の中の余った脂肪は脂肪細胞に蓄えられますが、じつはエネルギーを消費する脂肪細胞も存在します。それが脂肪を分解して熱に変える褐色脂肪細胞。食事をして背中や首すじなどが暑くなるのは褐色脂肪細胞があるからです。

葛の花由来のイソフラボンは、この褐色脂肪細胞にも働きかけていると考えられています。すなわち、スリムフォーを摂取することで褐色脂肪細胞も活性化。体脂肪の燃焼が進むために、ダイエットできると考えられます。

→続きはこちら

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事