健康生活の知恵袋
巷で話題の健康情報を紹介しています。

腸腰筋を鍛えるなら下り階段をゆっくり下りる



スポンサーリンク
腸腰筋を鍛えるなら下り階段をゆっくり下りる腸腰筋は上り階段ではなく、下り階段で鍛えることができます。ポイントは正しい姿勢でゆっくり下りること。姿勢を維持することで、腸腰筋が鍛えられるのです。しかも、下り階段で腸腰筋を鍛えると、腸が刺激されて動き出すことで便秘解消の効果も期待できます。

腸腰筋を鍛えるなら下り階段をゆっくり下りる

腸腰筋は上半身と下半身をつなぐ

インナーマッスルの代表格である腸腰筋は、大腰筋と腸骨筋を合わせた総称。大腰筋は背骨と足の付け根、腸骨筋は骨盤と足の付け根を結んでいます。上半身と下半身をつなぐ重要な筋肉です。

じつは、この腸腰筋を鍛えると、腸が刺激されることになります。腸腰筋に分布している神経は脊髄で、腸に分布する神経と接触するからです。

このため、腸腰筋を鍛えてたくさん刺激を与えると、腸の神経にも刺激が伝達。腸が自然に動き出します。つまり腸腰筋を鍛えることは、便秘解消の効果も期待できるのです。

下り階段を下りる腸腰筋の鍛え方

そこで、誰でも簡単にできる腸腰筋の鍛え方を紹介しましょう。利用するのは上り階段ではなく、下り階段というのがうれしいところ。鍛え方といっても、下り階段をゆっくりした動作で下りるだけです。

腸腰筋を鍛えるポイントは、背筋をしっかり伸ばして骨盤をしっかり立てておくこと。姿勢を維持することで腸腰筋が鍛えられます。猫背のような姿勢では、腸腰筋がうまく使われません。

階段を下りる動きは、腸腰筋を鍛えるだけではありません。階段を下りるときに振動が腸の動きを刺激するのです。食後に2~3分も行えば効果が出るでしょう。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事