健康生活の知恵袋
巷で話題の健康情報を紹介しています。

SNSに食事写真を投稿すると肥満になる!?

ツイッターやフェイスブックに食事の写真をアップしたことはありませんか? じつは、SNSへの食事写真投稿は肥満の原因となる可能性があるというのです。10月23日放送『ホンマでっか!?TV』の「知っておきたい病気の裏表SP」で紹介されていました。



スポンサーリンク
SNSに食事写真を投稿すると肥満になる!?

食事写真の投稿が肥満の原因になる

これはSNSへの食事写真を載せることが、そのまま肥満の原因になるということではありません。摂食によるトラブルを招く傾向が強いということを意味しています。すなわち「過食」や「拒食」など、食べ物にまつわる病気になる原因になりえる…ということがわかっているのです。

本来、食べ物というのは自分の前に出てきて、それを食べて幸せを感じるもの。しかし、ブログやツイッターに食事写真を掲載するとなると、食べることよりも写真を投稿することが最終目的になってしまうことがあるのです。

これにより「食」に対する歪んだ価値観というものが植え付けられてしまって、摂食障害を招く確率が高くなってしまうといいます。これは2013年5月にカナダのトロント大学による研究論文で発表されたものです。

SNSの食事写真を見ることも原因に

さらに、SNSにアップされた食事写真を見る側にも影響があるとか。1日6~8時間、食べ物に関するSNSの写真を見ている女性は、2年間で10kgも太る危険性があるのです。これは食事写真見てるだけで食べたくなるという現象で、最近では「フードポルノ」と呼ばれています。

これは「性的写真」を見ると性的興奮が生まれ、それを行為に移したい「欲求」が出てくるのが「ポルノ」。これと同様に、おいしそうな食べ物の「写真」を見ていると、食べたいという「欲求」が駆り立てられて食べようとする…その一連の行動から「フードポルノ」と名づけられたものです。

つまり、おいしそうな食事の写真を見ていることが肥満の原因になりえるのです。ブログやツイッター、フェイスブックの食事写真については、アップする側も閲覧する側も注意が必要かもしれません。

■10月23日放送『ホンマでっか!?TV』
【知っておきたい病気の裏表SP】

食べ物の投稿を見すぎると性欲がガタ落ち!?
慢性的な頭痛は遅延型アレルギーの可能性も
口にしゃもじがはまる!?「セネストパチー」
診察の仕方でわかる「よい医者」の見分け方

■「肥満」おすすめ記事
話題の「サルコペニア肥満」のチェック方法
女性に急増!サルコペニア肥満を防ぐ方法
妊娠中のダイエットは子どもを肥満にさせる
チョコやケーキを毎日食べても肥満の原因にはならない

■「食事」おすすめ記事
「運動/食事/ストレス解消」が腸を元気に
20分以上かけて食事をする「時間差ダイエット」

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事