健康生活の知恵袋
巷で話題の健康情報を紹介しています。

半数が完璧に治る花粉症治療「舌下免疫療法」

花粉症の半数が完璧に治る治療法に2014年10月から保険が適用されました。それが「舌下免疫療法」です。舌下免疫療法の治療時間は1日たった2分、しかも自宅でOK。治療費はひと月千円程度といいます。年末の12月までに治療を始めれば、翌春の花粉症の時期には改善するのです。10月15日放送『ためしてガッテン』の「あなたの?に答えます」で紹介されていました。



スポンサーリンク
半数が完璧に治る花粉症治療「舌下免疫療法」

花粉症治療の決定版が舌下免疫療法

花粉症治療の決定版ともいえる舌下免疫療法の実際の治療法は、スギ花粉から抽出したエキスを舌の下にポトリ。そのまま2分ほど待てば終わりです。こうすることでスギ花粉に体を慣らしていきます。

この舌下免疫療法は研究のために、2年間で240人に治療が施されています。その結果「ほぼ完治」が44.6%、「効果アリ」が33.3%、「効果ナシ」が22.1%でした。

つまり、舌下免疫療法によって約半数の花粉症患者が完璧に治療できたのです。こういった研究成果もあって、2014年10月からこの花粉症の治療法に保険適用が認められたというわけです。

花粉症のタイプで治療効果が違う

舌下免疫療法はスギ花粉のエキスを使うので、スギ花粉のみによるアレルギーには大きな効果を発揮。それが「ほぼ完治」のグループにあたります。こういった人であれば、年末の12月までに始めれば翌春のスギの花粉症シーズンには間に合う可能性が大です。

おもにスギ花粉ながら、ほかの花粉やアレルギーをもっている場合は「効果アリ」のグループにあたります。こういった人は治療の効果が現れるまで3~5年かかることもあるのです。

自分がどの花粉症のタイプかは、医療機関での血液検査で知ることが可能。まずは最寄りの耳鼻科や内科を受診しましょう。

なお、残念ながら「効果ナシ」だったのは、スギ花粉よりほかのアレルギーが強いグループ。この場合、皮下注射による免疫療法もあります。保険適用となる場合もあるので、こちらも医療機関に相談するとよいでしょう。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事