健康生活の知恵袋
巷で話題の健康情報を紹介しています。

1回30分かける歯磨きで免疫力がアップする

俳優・神保悟志さんの若さの秘密はなんと「歯磨き」です。ある方法で歯磨きすることによって、免疫力がアップして若さを保てるのだとか。その驚きの磨き方を紹介しましょう。11月4日放送『人生が変わる1分間の深イイ話』の「芸能人が実践する簡単!若返り美容法スペシャル」で紹介されていました。



スポンサーリンク
1回30分かける歯磨きで免疫力がアップする

1回30分かける神保式歯磨き法とは

1962年生まれの神保さんは20歳から俳優養成所に通いながら、アルバイトで食いつなぐ役者の卵でした。6年後、芽が出ぬまま26歳、行き詰ったある日、神保さんは「役者は常に見られる商売。歯だけでもいれいにしておこう」と思いました。

じつは、役者に憧れ18歳で上京。両親には言い出せず、歯科技術専門学校に通うという約束で東京に来ていたのです。そのため、歯科技工士の国家資格を持っています。そこで、学生時代のつてをたどって、当時まだ珍しかった「予防歯科」を紹介してもらいました。このとき知り合ったのが、プラスデントクリニック・山内丈院長です。

さっそく神保さんが歯磨きの方法を見せると、それまでの歯磨きを全否定。超ソフトタッチのブラッシング法を教わりました。以降24年間、このクリニックに通い続け、独自の歯磨き法を開発したのです。それが「1回30分かける神保式歯磨き法」。じつはこれが、若い肉体を維持できている秘密なのです。

「歯ブラシ」は、ヘッドの小さいものを選びます。「歯磨き粉」の量はごく少量でOKです。「ブラッシング」は、歯ブラシの橋を親指と人差し指の2歩で持って、細かくやさしく磨きます。歯1本につき1分が目安。成人の歯は28本ですから28分、あとは左右の噛みあわせを1分ずつで、合計30分です。

免疫力がアップして体がさび付かない

なぜ、この歯磨き法が若さを保てるのでしょうか? 1本1本ていねいに磨くことでによって唾液の分泌が促されるため、内臓の強化につながるのです。さらに歯茎や口腔粘膜の毛細血管の循環がよくなることで、成人病の予防にもなります。結果的に免疫力がアップして、体がさび付きません。これが若くいられる秘密なのです。

具体的な方法を紹介しましょう。子ども用の歯ブラシを用意して、その一番後ろを指2本で持ちます。前歯は歯ブラシを横にして、2本分を横に動かして磨きます。桃の皮がむけない程度の弱い力で行います。歯の裏側は歯ブラシをタテにします。

ポイントは左右の両手を使うこと。脳の活性化につながって、ボケ防止にも役立ちます。ストレッチをしながらとか、バランスボールに乗りながらなどすれば、30分はすぐに経過するでしょう。

■11月4日放送『人生が変わる1分間の深イイ話』
【芸能人が実践する簡単!若返り美容法スペシャル】

肌年齢「-15歳」!デヴィ夫人の若さの秘密
松本明子が「便秘」解消で驚きの美肌に変身
美白を維持する夏樹陽子の入浴法を大公開!
5分でウエスト-5cm!「オチョダイエット」
わずか数分で小顔に変身「黒かっさ」パワー

■「芸能人」おすすめ記事
三浦理恵子の美の秘訣は「ぬか漬け」だった
ホットフラッシュに悩む池上季実子の更年期

■「歯」おすすめ記事
舌に歯型があると危険!肩こり新原因「TCH」

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事