健康生活の知恵袋
巷で話題の健康情報を紹介しています。

南雲吉則が実践する「1日1食ダイエット」とは

自身の名前を冠したゴボウ茶も発売している南雲吉則先生が、以前はメタボ体型だったのは有名な話。マイナス15kgも痩せられて、実年齢より20歳若く見えるようになった秘密は「1日1食ダイエット」にあります。さっそく1日1食ダイエットのやり方とその効果を見ていきましょう。



スポンサーリンク
南雲吉則が実践する「1日1食ダイエット」とは

南雲吉則の1日1食ダイエット

30代で77kgのメタボ体型だった南雲吉則先生が、50代にして実年齢より20歳若く見えるようになった秘密は「1日1食ダイエット」にあります。スイーツを断ちお肉も断ち、最後にたどり着いたのが1日1食ダイエットです。

朝と昼は食べないか、フルーツやジュース、ビスケット程度で終わり。そして夕方、お腹がグーッと鳴ったら食事をするのです。

このとき夕飯は食べたいものしっかり食べてOK。ただし、お腹がグーッと鳴らないときは、腹六分目くらいで済ませましょう。夕飯を食べると眠くなるので、あとは早々と就寝の準備に取り掛かります。

1日1食ダイエットは動物本来の姿

あらゆる動物は、食べるとすぐに寝る態勢に入ります。これが動物本来の姿です。早々と寝ることで、副交感神経が刺激されて消化が促進されるのです。すべての動物がそのように生活していますが、なかなかそれができないのが人間。朝食を食べたら慌てて出勤、昼食を食べたらすぐに午後の仕事…。

この悪しき連鎖を断ち切るために、南雲先生は1日1食を選びました。眠気に襲われることなく正確に仕事をするためには、朝食と昼食を食べないことが一番だと考えたのです。

夕方までに思い切り空腹になっておくと、夕食時の幸福感が倍増。空腹こそが最高の調味料なのです。そして、食べたあとに訪れる眠気に、自然を身を任せます。動物本来の生活をするために1日1食ダイエットを実践したのでした。

■「南雲吉則」おすすめ記事
「1日1食+アーモンド小魚」でダイエット!?
「森林浴」が腸を元気にしてくれる理由とは?
腸をきれいにするデトックス鍋レシピ
南雲吉則医師のかんたん薬膳カレーの作り方
南雲吉則医師が実践する顔面グーパー体操とは
薄毛がフサフサになる南雲吉則の水シャワーとは
南雲吉則を若返らせた「5つのNO」とは?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事