健康生活の知恵袋
巷で話題の健康情報を紹介しています。

南雲吉則を若返らせた「5つのNO」とは?

実年齢よりも20歳以上も若く見えるカリスマドクターが南雲吉則先生です。しかし20年前の南雲先生は、体重77kgを超えるメタボ体型だったとか。そんな南雲先生が一念発起して実践した生活習慣が「5つのNO」でした。南雲先生を若返らせた「5つのNO」を詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
南雲吉則を若返らせた「5つのNO」

南雲吉則は電車では座らない

1つめの生活習慣は「NOスモーキング」です。タバコはすでに医師になると同時にやめていましたが、受動喫煙にも気をつけるようにしました。タバコを吸う人には近づかず、居酒屋など分煙がされていない店には入らないようにしたのです。

2つめの生活習慣は「NOドライビング」。人間は足を使わないとますます血の流れが悪くなります。というのも、心臓は血液を常に送り出していますが、足に送り出された血液は重力の影響で戻ってくるのが困難なのです。

それを繰り返しているのが、第二の心臓とも呼ばれているふくらはぎ。血液の流れをきれいするために、南雲先生はなるべく車に乗らず、電車に乗るときは座らないことにしました。

南雲先生はNOミートで便秘解消

3つめの生活習慣は「NOカフェイン」です。昔はコーヒーが大好きだった南雲先生ですが、手術前に空腹でカフェインを摂ったとき、手が震えて困ったことがありました。それ以来、カフェインを断絶。飲むときは、自身のトレードマークともいえるゴボウ茶を愛飲しています。

4つめの生活習慣は「NOスイーツ」です。南雲先生は、お菓子を口にすることはまずありません。あっても年に数回だとか。それは糖毒性といって、高血糖が血管の内皮細胞を傷つけるからです。

5つめの生活習慣は「NOミート」。肉食を断つことにしたのです。タンパク質は「畑の肉」ともいわれる大豆から摂取。味噌・豆腐・納豆・豆乳などで良質のタンパク質はおいしく食べられます。南雲先生はこれで便秘が解消しました。

■「南雲吉則」おすすめ記事
「1日1食+アーモンド小魚」でダイエット!?
「森林浴」が腸を元気にしてくれる理由とは?
腸をきれいにするデトックス鍋レシピ
南雲吉則医師のかんたん薬膳カレーの作り方
南雲吉則医師が実践する顔面グーパー体操とは
薄毛がフサフサになる南雲吉則の水シャワーとは
南雲吉則が実践する「1日1食ダイエット」とは

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事