健康生活の知恵袋
巷で話題の健康情報を紹介しています。

便秘解消に「ダブル発酵」が効果的な理由とは

発酵食品を作り出す菌はさまざま。キムチは乳酸菌で甘酒は麹菌、ビールは酵母菌の力で発酵します。これらの菌を摂ることで腸内環境が改善。便秘解消につながります。そして便秘解消には、とくに「ダブル発酵」が効果的です。『主治医が見つかる診療所』で紹介されていました。



スポンサーリンク
便秘解消に「ダブル発酵」が効果的な理由とは

ダブル発酵が便秘解消に効果を発揮

腸を元気にする発酵食品はさまざまな菌を食べるのが効果的。とくに2つの発酵食品を組み合わせて食べるダブル発酵がオススメです。ダブル発酵が便秘解消に効果を発揮します。

たとえば、クリームチーズの西京味噌漬け。味噌に3日ほど漬け込んだチーズを軽くあぶっていただきます。チーズの乳酸菌と味噌の麹菌や酵母菌を一緒に摂れる、まさにダブル発酵の食べ方です。とくに乳酸菌と麹菌や酵母菌は相性が抜群です。

生ハムと漬け物の組み合わせもオススメ。生ハムと聞くと生肉と思いがちですが、発酵させている食品。高温多湿な場所で保管すると肉の表面にカビ菌が付着して、肉全体が発酵してくるのです。その生ハムで漬け物をくるんで食べます。

生ハムはビタミンB群やA群、D群が多いものの、ビタミンCが足りないのが難点。漬物がすっぱいのはビタミンCの味。すなわち、この組み合わせで完全食品になるのです。

便秘解消で免疫や自律神経が正常化

便秘解消に効果のあるダブル発酵は、発酵する善玉菌同士が助け合って「10+10」ではなく「10×10」の効果を発揮してくれるのが最大のメリット。とはいえ、発酵食品は塩気が多い食品も多いもの。塩分が気になります。

しかし、発酵食品は一度にたくさん食べるものではありません。少しずつでよいので、毎日食べることが腸内環境を整えるためには大切なのです。

ダブル発酵の組み合わせは、家にある食材でも組み合わせは無限大。たとえば、納豆に刻んだ漬け物をまぜるだけでOKです。メンマにかつお節をふりかけるだけでもかまいません。

腸は自律神経の中心であるとともに、免疫という生命を維持する根本的な役割でも力を発揮しています。便秘解消で腸が元気になって機能が正常化するということは、免疫や自律神経が正常になるということ。腸は健康の源なのです。

■「便秘解消」おすすめ記事
便秘解消がインフルエンザやうつ病予防になる!?
直腸性便秘に食物繊維はかえって逆効果になる
松本明子が「便秘」解消で驚きの美肌に変身
「ひねり体操」で腸を若返らせて便秘を解消

■「便秘」おすすめ記事
1日10分の「うつ伏せ」で便秘が治った!!
便秘や肌荒れは「隠れアレルギー」が原因?
便秘知らず・松原智恵子が腸を若く保つ秘密
ゴボウやサツマイモで「便秘」が悪化する!?
便秘に効く「腹式呼吸」のコツをつかむ方法
青森県民は便秘知らず!秘密は「発酵漬け物」

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事