健康生活の知恵袋
巷で話題の健康情報を紹介しています。

腹筋インナーマッスル強化でお腹周りをダイエット

「ウエストの肉が気になって腹筋を始めたけど全然やせない」という人は多いのでは? 腹筋運動をやればお腹が凹むというのは大きな間違い。腹筋運動をやって鍛えれば、そこの脂肪がどんどん落ちていくという都合のいい現象はおきません。そこで大切なのが「腹筋インナーマッスル」。腹筋インナーマッスル強化でお腹周りをダイエットしましょう。



スポンサーリンク
お腹周りをダイエットする腹筋インナーマッスル強化

ウエストダイエットには大きな誤解

ウエスト周りのダイエットには大きな誤解があります。じつは、ウエスト周りの肉の大きな原因は「内臓下垂」と「内臓脂肪」の2つです。

お腹周りに肉が付いているように感じるのは、外側の脂肪に主因があるのではなく、内側の内臓の状態が元凶。ウエスト周りを太く見せているのは、外側の腹筋や脂肪ではなく、内側にあるインナーマッスルや内臓だったのです。

「内臓脂肪」は、「皮下脂肪」と対を成す体脂肪のこと。「皮下脂肪」は皮膚の下にある脂肪のことで、私たちが肥満の原因として使う「脂肪」です。

一方の「内臓脂肪」とは、腹筋の内側の壁の腹腔内についている脂肪のことです。けっして、胃や腸などの内臓に脂肪分が蓄積されたりはしません。内臓脂肪は内臓の位置を正しく保ったり、衝撃を和らげるクッションの役割があります。

腹筋インナーマッスルは腹横筋と腹斜筋

腹筋インナーマッスルでダイエット

「内臓下垂」は、筋力の低下によって内臓を支えるインナーマッスルが支えきれず、本来お腹の中心に収まるはずの胃や腸が骨盤のところまで落ちてしまっている状態のことです。内臓下垂によってお腹の臓器が全体的に下に寄ってしまうため、ウエスト周りが太くなるわけです。

すなわちお腹周りの肉は、全体的に下がってしまった臓器群と、それを包み込む腹腔内に蓄積されてしまった内臓脂肪が原因だったのです。体を木の幹と考えたとき、太くなってしまっている原因は、樹皮の下が厚くなっているのではなく、幹そのものが太くなってしまっているのです。

そして、それを解消するのに必要なのが腹筋インナーマッスル。年とともに衰えてしまっているこの筋肉を復活させることによって、内臓脂肪を燃焼させ、さらに下がってしまった臓器群を正しい位置に戻してくれます。そして、これこそがお腹ダイエットに効果を発揮してくれるのです。

このように、腹筋運動だけではけっしてお腹周りの肉を減らすことができないことがよくわかったのではないでしょうか。さっそく腹筋インナーマッスルを強化して、お腹周りのダイエットを始めましょう。

■「インナーマッスルダイエット」おすすめ記事
インナーマッスルでやせる【簡単3ステップ】
インナーマッスルを鍛えると腸が元気に!

■「インナーマッスルの鍛え方」おすすめ記事
腹筋インナーマッスルを徹底的に強化する方法
すぐできる!腹筋インナーマッスルのトレーニング法
腹筋インナーマッスルを鍛えるウォーキング法
腹筋インナーマッスルが鍛えられる呼吸法

■「ダイエット」おすすめ記事
激しい運動ナシでやせる「ドローインダイエット」
「しょうが豆腐」ダイエットなら半年で12kg減
5分でウエスト-5cm!「オチョダイエット」
8時間ダイエットは何をどれだけ食べてもOK!

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事