健康生活の知恵袋
巷で話題の健康情報を紹介しています。

1週間で効果が出る「朝食抜きダイエット」

「ビール好き」「お酒好き」にオススメの「おつまみダイエット」でやせ始めても、だんだん効果が効かなくなることがあります。年齢とともに基礎代謝が下がってきて、その余分なカロリーがお腹まわりの肉となってしまうわけです。そんなときに実践してもらいたいのが「朝食抜きダイエット」です。試してみるとわかりますが、1週間もすればその効果を実感できます。



スポンサーリンク
朝食抜きダイエットは1週間で効果が出る

朝食抜きダイエットのやり方とは?

朝食抜きダイエットのやり方はいたってカンタン。単純に、それまで食べていた朝食を食べなくするだけです。

朝食抜きダイエットは1日の摂取カロリーを大幅にカットするというシンプルな方法。いきなり抜くのがきつい場合は、ヨーグルトなどだんだん軽いものに変えていくのもよいでしょう。

最終的には、ジュースなどのみを摂取するようにします。トマトジュースを摂るようにすると「トマトジュースダイエット」的な効果も期待できるかもしれません。

朝食抜きダイエットは空腹感がきつい

朝食抜きダイエットを始めた当初は、午前中の時間帯での「空腹感」がハンパなくきついはず。「グルグルグル…」というお腹の音が止まらないほどです。とにもかくにも、この空腹感を乗り越えることが、この朝食抜きダイエットの成否の分かれ目です。

逆に、この空腹感こそがダイエットができている証拠。じつは、内臓脂肪が燃焼するのは空腹時なのです。空腹感を長く感じれば感じるほど、それだけ死亡が燃焼しているということになります。

このため空腹感はひたすら我慢して、誘惑に負けずにがんばるほかありません。最初のころは、昼食を11時30分くらいに早めに摂るようにするのも手です。


朝食抜きダイエットに間食は禁物

朝食抜きダイエットに慣れてくれば昼食は12時や13時など通常の時間まで我慢できるようになってくるでしょう。ただし、ここで気をつけなければならないポイントがあります。

それが「間食」です。じつは昼前だけでなく、夕方くらいにも空腹感の波が襲ってきます。1日の摂取カロリー自体を抑えているのですから、当然といえば当然です。

ここで間食をしてしまったら、まったく効果が上がりません。こういった場合は、缶コーヒーやミルク入りコーヒーなどを飲むのをオススメします。お菓子やパンなどの固形物をとったら終わりです。経験上、歯止めがきかなくなります。

朝食抜きダイエットは1週間で効果

朝食抜きダイエットは、1週間もすれば効果が現れます。実際にやってみると、ウエスト周りやあご周りがすっきりとしてくるのがわかります。その効果を励みに、あとはひたすらがんばるだけです。

また、朝食抜きダイエットを続けている限り、午前中と夕方の空腹感はずっと付いて回る誘惑です。このダイエットを続ける限り、なくなることはありません。

このため、いかに空腹感を前向きに捉えて付き合っていけるかが、朝食抜きダイエットが継続できるかどうかのカギ。間食などの誘惑に負けずに、強い意思を持って朝食抜きダイエットを継続しましょう。

■「朝食抜きダイエット」おすすめ記事
「朝食抜きダイエット」は歴史的に正しい!?
代謝を促進させる成長ホルモンは「空腹時」に分泌される
朝食抜きダイエットに疑問符!お腹へりすぎは食べ過ぎのもと?
朝食「時々」は「毎日」「食べない」より4倍もメタボに!
朝食前にホットヨーグルトを食べるとやせる

■「ダイエット」おすすめ記事
腹筋インナーマッスル強化でお腹周りをダイエット
激しい運動ナシでやせる「ドローインダイエット」
「腸腰筋エクササイズ」でウエストがマイナス5cm
5分でウエスト-5cm!「オチョダイエット」
豆腐ダイエット「しょうが」を加えるだけで12キロ減!

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事