健康生活の知恵袋
巷で話題の健康情報を紹介しています。

おやつを食べて痩せる「時間差ダイエット」?

人間には、昼に活動して夜は休むという本能が備わっています。その生活リズムを見計って、夜食を控える代わりに昼間におやつを食べることで痩せようという「時間差ダイエット」を紹介しましょう。



スポンサーリンク
chips

人間の体は昼間に元気に活動をして、夕方以降は次の日に備えて休み、夜のうちにエネルギーを溜め込もうとする本能があります。そして、昼間に体を元気に活動させるのが「交感神経」、夕方以降に体を休ませようとするのは「副交感神経」の役割です。

そして、副交感神経が働き始めるとインシュリンが盛んに分泌されるようになります。このインシュリンは脂肪を蓄積させる物質。すなわち、インシュリンが分泌されている夜間帯に夜食をとるということは、すなわち脂肪になりやすいということです。

副交感神経の働いている夜間に食べたものは、そのまま体脂肪になってしまうと考えてください。そして、同じものを食べるのなら昼間の時間帯、つまり副交感神経が働いていないタイミングに、おやつとして食べるとよいでしょう。

【関連リンク】
食事前に運動をする「時間差ダイエット」とは?
20分以上かけて食事をする「時間差ダイエット」
食後に熱いシャワーで痩せる「時間差ダイエット」

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事