健康生活の知恵袋
巷で話題の健康情報を紹介しています。

インナーマッスルの強化でダイエットできる理由

お腹が気になって腹筋運動を始めたけど全然ダイエットできない…という人は多いはず。なぜなら腹筋運動でお腹がへこむというのは大きな誤解だからです。お腹のダイエットで大切なのがインナーマッスル。インナーマッスルの強化でダイエットできる理由を説明しましょう。



スポンサーリンク
インナーマッスルの強化でダイエットできる理由

インナーマッスルが原因で太くなる

お腹まわりのダイエットには大きな誤解があります。じつは、お腹まわりの肉の大きな原因は脂肪ではありません。じつは体のもっと奥のほうでおこっている内臓下垂に原因があります。

内臓下垂は、インナーマッスルの筋力低下によっておこる現象。内臓を正しい位置に保持するインナーマッスルが衰えて、本来お腹の中心に収まるはずの胃や腸が骨盤のところまで落ちてしまっているのです。

骨盤にまで落ちてしまった内臓群はそこで横に張り出してきます。これこそがお腹まわりが太くなっている原因。体を木の幹と考えたとき、太くなってしまっている原因は、樹皮の下が厚くなっているのではなく、幹そのものが太くなってしまっているのでした。

必要なのはインナーマッスルの強化

そして、内臓下垂を解消するのに必要なのがインナーマッスルの強化。加齢とともに衰えてしまっているインナーマッスルを復活させることしか、内臓下垂を解消する方法はありません。

インナーマッスルが強化できれば、下がってしまった臓器群を正しい位置に戻してくれます。すると驚くほどにお腹まわりの肉が減少。見事にお腹ダイエットに効果を発揮してくれるのです。

インナーマッスルの役割を理解すれば、腹筋運動だけではけっしてお腹まわりをダイエットできないことがよくわかるでしょう。さっそくインナーマッスルを強化して、お腹まわりのダイエットを始めましょう。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事