健康生活の知恵袋
巷で話題の健康情報を紹介しています。

「食後」の薬を食事の直後に飲むのは大間違い

食後に薬を飲むといって、食事終了した直後に飲むのは大間違いです。薬の吸収を妨げられる可能性があります。食後とは食事の30分後のこと。この時間帯がもっとも薬が吸収されやすい環境になっているからです。食前や食後など正しい薬の飲み方について詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
「食後」の薬を食事の直後に飲むのは大間違い

食後に飲む薬は食べ終えた30分後

よく食事を終えた人が水を頼んで、すぐに薬を飲む光景を目にしたことがあるでしょう。薬を飲むタイミングでもっとも多いのが食後。しかし、食事終了直後に飲むのは大間違いです。

食後に飲むように指示された薬は、食べ終えてから30分たったころに飲むのが社会人の新常識。食べたあとにすぐ薬を飲むと、胃で消化されている食べ物と薬が混ざり、ペースト状になって小腸に送られることに…。胃から吸収するように作られた薬が、吸収されないことになってしまいます。

食事を終えて30分が過ぎたころには、食べ物の消化は終わっていもの。食べ物に含まれている成分の影響を受けやすい薬も、影響を受けずに済みます。また、消化のために分泌された胃酸の量も少なくなっているため、胃酸の影響も受けません。

食前の場合は30分くらい前に飲む

つまり、食事が終わった30分後は薬が吸収されやすい環境になっているのです。しかも胃の血液の量も増えているので、吸収された薬の成分が血液とともに運ばれやすいという面もあります。

薬を食前に飲むようにいわれた場合はどうでしょう? 食前の場合は30分くらい前に飲むのが新常識。こういった薬は、吐き気止めや食欲増進剤などの場合が多いでしょう。

なお、薬は水以外の飲み物で飲むのはやめましょう。酸性・アルカリ性などが薬に影響することもありますし、カフェインが薬の作用に影響することもあります。牛乳のカルシウムが影響することもあるのです。

薬の作用効果が低下したり、まったく効果がなくなってしまうことも…。また、逆に作用が強くなることで思わぬ症状が出るという危険もあるのです。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事