健康生活の知恵袋
巷で話題の健康情報を紹介しています。

かゆくないまぶたの赤みは「胃がん」サイン

化粧品によるかぶれやアレルギーなどでおこる「顔の赤み」。しかし、次のような顔の赤みが出ていたら「胃がん」の可能性があります。それは「まぶたに出る赤み」です。4月1日放送『たけしのみんなの家庭の医学』の「いま気をつけるべき病ランキングSP」で紹介されていました。



スポンサーリンク
かゆくないまぶたの赤みは「胃がん」サイン

まぶたに出る赤みに胃がんが潜む

「まぶたに出る赤み」の特徴は「左右のまぶたとも同じように赤くなる」と「少し腫れがある」というもの。この陰に潜む危険な病気が「胃がん」です。

胃がんは、肺がんについで死亡者数が多いがん。その死亡者数は年間およそ5万人にも上ります。とくに初期段階は自覚症状が出ることはほとんどなく、早期に気づくことが非常に難しいがんといわれています。

しかし、この症状の特徴を覚えておけば、早期発見の手がかりとなる可能性があるのです。その最大の特徴とは「かゆみがない」ということです。

がんによる赤みはかゆみが生じない

「アレルギー反応でおこるまぶたの赤み」はかゆみを伴って、皮膚の表面にポツポツなどなどの異常があります。「がんによるまぶたの赤み」は皮膚の奥で炎症がおきているため皮膚の表面自体にはポツポツなどの異常がなく、かゆみが生じないのです。

このような赤みが出ている人には「胃がん」のほかに「肺がん」や「乳がん」などが発症している場合も…。その因果関係はハッキリとわかっていませんが、がんが免疫細胞に攻撃されると皮膚の細胞に似た構造に変化することがあります。

この変化によって、免疫細胞が正常な皮膚の細胞を誤って攻撃。このとき、とくに薄くて弱い「まぶた」にその症状が現れると考えられています。さらに、目のまぶたと一緒に手の関節にも赤みが現れることが多いとか。このような皮膚の異変にいち早く気づくことで、がんの早期発見につながるのです。

■「胃」おすすめ記事
健康な胃を作るセロトニン分泌の方法とは?
「ピロリ菌」除去で胃が若返る!-ためしてガッテン
炭酸水は胃腸のほか壊疽にも効く!-ためしてガッテン

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事