健康生活の知恵袋
巷で話題の健康情報を紹介しています。

激しいめまいの原因は「耳石」のかけら!?

激しいめまいを訴えて来院する患者さんのうち、じつに半数以上は「自宅で治せるめまい」といいます。その原因は「耳石」のかけら。そのかけらが三半規管に入ってしまうことにより、めまいがおきているのです。9月4日放送『ためしてガッテン』の「めまいは自宅で解決!新発想の劇的改善ワザ」で紹介されていました。



スポンサーリンク
激しいめまいの原因は「耳石」のかけら!?

少しの衝撃や老化で耳石の一部が欠ける

激しいめまいの原因となっているのは、じつは「耳石」です。耳石は、耳の奥にある体のバランスをとる役割を持っています。耳の奥には「内耳」と呼ばれる部分があり、そこにある2つの四角い石のようなものが耳石です。

それぞれ「感覚毛」という毛のようなものの上に乗っていて、体の前後左右の動きや上下の動きをそれぞれ感知します。

この耳石、ちょっとした衝撃や老化によって、一部が欠けることがあるのです。そのかけらが三半規管に入ってしまうことにより、めまいがおきているのでした。

同じ内耳にある「三半規管」も動きを感知するセンサーです。半円形をしたチューブ状の3つの器官から構成され、それぞれX軸・Y軸・Z軸の動きを感知する仕組みです。

耳石のかけらが作る波がめまいの原因

この三半規管はリンパ液という液体で満たされています。そこに、感覚毛と呼ばれる器官があって、液体の動きによって動きを感知しているのです。

しかし、その三半規管に耳石のかけらが入ってしまったとき、リンパ液の流れに波のようなものを作ってしまいます。これによって、体が揺れていないにもかかわらず、揺れていると感覚毛が感知してしまうのです。

このめまいを治すには、仰向けになって顔を10秒ずつ右・正面・左と動かすことで、耳石のかけらを三半規管内で徐々に砕けさせるか、少し高い枕を使って耳石のかけらが三半規管に入っていきにくくすればOKです。

耳石のかけらによるめまいは「良性発作性頭位めまい症」という病気です。しかし、安静にして1分以上めまいが続く場合は原因が別にあります。めまいの種類は大きく「回転性」「動揺性」「立ちくらみ」の3つです。


そのほかのめまいの種類と原因

回転性のめまいは天井や周囲がグルグル回るようなめまい。おもに内耳の障害が原因です。良性発作性頭位めまい症のほか、メニエール病などがこれにあたります。

動揺性のめまいは車酔いにも似たユラユラ揺れているようなめまい。こちらは脳の根元部分の障害がおもな原因です。ストレスなどでもおこりますが、脳梗塞や脳血栓などを発症していることもあります。

立ちくらみは立ち上がったときに目の前が暗くなるめまい。貧血や血圧の異常などが原因です。

■9月4日放送『ためしてガッテン』
【めまいは自宅で解決!新発想の劇的改善ワザ】

ゴッドハンド治療法で「耳石」を取り出す?
激しいめまいを自宅で治すワザ&予防法
激しいめまいが1分で収まるなら「良性」
「メニエール病」を確実に診断する方法?
メニエール病が治った!!最新治療法とは?

■「めまいの原因」おすすめ記事
原因不明の激しいめまいが自宅療養で治った!
「新型めまい」の原因は脳の勘違いだった!?
耳石のかけらが「良性発作性頭位めまい症」の原因

■「めまいの種類」おすすめ記事
「めまい」の種類で行くべき病院が異なる!
澤選手の病気は「良性発作性頭位めまい症」

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事