健康生活の知恵袋
巷で話題の健康情報を紹介しています。

柔軟性を高めると見た目も中身も若々しくなる

いま世の中は空前の柔軟ブーム。老いも若きも体を柔らかくすることに夢中です。じつは体に柔軟性があると、さまざまな健康効果が期待できます。近年では柔軟性が病気やけがの予防だけでなく、若さにも関係していることが医学的にもわかってきました。『主治医が見つかる診療所』で紹介されていました。



スポンサーリンク
柔軟性を高めると見た目も中身も若々しくなる

柔軟性のある人は中身も健康

医学界では体の硬さと血管の硬さは比例するといわれています。糖尿病や動脈硬化がおこりやすい病気の人は、間違いなく体が硬いといっても過言ではありません。内臓の働きも悪くなるので、免疫も落ちてがんになりやすくなり、うつ病にも認知症になりやすくなります。

体の硬さはここまで影響が大きいのです。逆にいえば、柔軟性のある人は見た目は若々しいだけでなく中身も健康なのです。

たとえば真向法体操は、昭和初期から伝わる股関節のストレッチを中心にした健康体操。柔軟性を高める健康法です。腰痛や肩こり、冷え性などを予防・改善する効果があるとされています。

足首の柔軟性を高める運動とは

実際、柔軟性を高めることでたとえば皮膚が弱くて手の湿疹が絶えなかった人が、柔軟になって血流がよくなったために湿疹が出なくなったとか。季節ごとに出ていたぜん息が出なくなった人や、ぎっくり腰が解消した人など、柔軟性にはさまざまな健康効果があるのです。

そこで、足首の柔軟性を高める運動を紹介しましょう。まず足首を逆の足のひざのあたりにのせます。続いて、足の指の間に手の指を入れてください。このとき、小指から入れていくとやりやすいでしょう。

握手するように握ったら足首を回します。回すときは大きくゆっくりと行うのがポイント。10回程度回したら、反対方向にも回します。同じように、反対側の足を行えばOKです。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。