健康生活の知恵袋
巷で話題の健康情報を紹介しています。

腰痛の原因を梨状筋マッサージで解消する方法

日本人のこちも8割が人生で一度は経験するのが腰痛。この腰痛の原因をすっきり解消するマッサージがあるのです。それが梨状筋マッサージ。じつは腰痛の原因を解消するには利状筋のマッサージが効果を発揮します。しかも、ボールを使って手軽にできるのが魅力です。



スポンサーリンク
腰痛の原因を梨状筋マッサージで解消する

梨状筋が凝り固まって腰痛の原因に

腰痛の原因を解消する梨状筋マッサージは、腰痛に長年苦しめられていたオリンピック金メダリストが開発したもの。じつは日本人はお尻の筋肉が欧米人と比べて少ないため、腰周りのバランスが崩れて腰痛になりやすいのです。

しかも、お尻は腰の神経の通り道でもあるとともに、下半身・上半身の血液が滞るポイント。お尻は神経が集まる交差点なので、お尻をほぐして血流がよくなると、痛みが和らぎ代謝も上がります。

なかでも、坐骨神経と交差しているのがお尻のインナーマッスルである梨状筋。この梨状筋が凝り固まってしまうと、下半身の神経を刺激して腰痛の原因となってしまうのです。

梨状筋マッサージで腰痛の原因を解消

腰痛の原因を解消する梨状筋マッサージはボールを使います。テニスボールやカラーボール、野球のボールなど、自分に合った気持ちいい硬さと大きさを選びましょう。

マッサージの方法は、腰骨のボール1個分下にボールを当てて横向きになります。その体勢で小刻みに揺れながらお尻の奥にある梨状筋を刺激するのです。動きながらボールを当てるポイントとなるツボを探します。

このとき、痛みを感じる場合は梨状筋にコリがあるということ。痛い人はゴムボールなど柔らかいボールを使って刺激するとよいでしょう。梨状筋マッサージをすると下半身の血流も一気に流れ出すので、足先などの末端が温まってくるはず。腰痛の原因である梨状筋に効いているかの目安になります。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事