健康生活の知恵袋
巷で話題の健康情報を紹介しています。

胸の痛みの原因が心臓にある確率は20%以下

胸の痛みを訴えて病院に来た人のうち、心臓病である確率はたったの20%以下。80%以上は、別の病気から胸の痛みがおきていたというデータがあります。そして、胸の痛みの原因が心臓にあるかどうかは、痛みの場所を指させるかどうかで判断することができるのです。



スポンサーリンク
胸の痛みの原因が心臓にある確率は20%以下

胸の痛みの原因は逆流性食道炎

50歳を過ぎたころからの胸の痛みの原因に「逆流性食道炎」があります。胃酸が食道に逆流してしまう病気です。「胃食道逆流症」ともいいます。

グーッと締め付けられるような胸の痛みに、心臓が原因かと思う人がほとんど。内側からギューッとつかまれる感じで、まさに心臓病の痛みと同じようなものです。

しかし、病院で検査を受けても心臓には異常なし。そして、医師から胃薬を処方されて、驚くほど症状が出なくなるケースが多いのです。なぜ逆流性食道炎が胸の痛みの原因になるのでしょう?

胸の痛みが心筋梗塞とそっくり

逆流性食道炎の場合、胃から酸が逆流することで食道が反応します。そのとき、食道が収縮するのです。これが胸の痛みと感じてしまう原因。ギューッとつかまれるように心臓が痛いのは、食道が収縮しているからです。

逆流性食道炎の症状でよく知られているのが胸焼けですが、胸の痛みが現れたときは狭心症や心筋梗塞の痛みとそっくり。病院に行けば治療法はしっかり確立されていますから、まずは診断を受けることが大切です。

このように胸の痛みを感じる病気はさまざまあります。実際、胸の痛みの多くは、心臓病が原因でないことがほとんど。そこで、胸の痛みの原因が心臓にあるかどうかを見分ける方法を紹介しましょう。


胸の痛みが指させないと重大な病気

じつは、胸の痛みは「指させないもの」と「指させるもの」に分けることができます。胸が痛いと訴えて病院に来て「ここが痛い」と指させるものは、そこの神経や筋肉の痛みでピリピリした鋭い痛みが特徴です。肋間神経痛や筋肉痛、帯状疱疹などがそれにあたります。

一方の心筋梗塞や狭心症、大動脈解離、肺血栓塞栓症などの重症な心臓の病気は内臓の痛み。ここが痛いと指さすことができません。胸の痛みの説明が「このへんが」「胸のあたりが」となります。

つまり、胸の痛みがあるのにそこを指でさせない場合は重大な病気の恐れがあるということ。すぐに病院で診察を受けるようにするべきです。

胸の痛みに加えて出る症状で判別

胸の痛みの場所を指でさせない病気のなかでも、心筋梗塞と狭心症は虚血性心臓疾患と呼ばれるもの。日本人の3大死因の1つです。そこで、胸の痛みに加えてどんな症状が出るかで病気を判別する方法を紹介します。

心筋梗塞は、原因不明の冷や汗が要注意サイン。救急医療の現場でも心筋梗塞のサインとして、医師も判断材料に利用しています。また、無痛性心筋梗塞という場合もあるので、いきなり冷や汗をかき始めたら注意しましょう。

狭心症は、痛みの出る範囲が上半身の左側全般におよぶのが特徴。左半分の耳の穴からおへそまでに、ギューッとした感じの痛みを感じたら、狭心症の可能性を疑うべきでしょう。

■「胸の痛みの原因」おすすめ記事
胸の痛みの8割以上は心臓病が原因ではない

■「胸の痛み」おすすめ記事
左上半身の痛みは「狭心症」の疑いアリ
水沢アリーを襲うプチ不調は「激しい動悸」
ふくらはぎや膝裏の痛みは旅行者血栓症の前兆

■「心臓」おすすめ記事
咳が長く続くときは「心臓弁膜症」かも!?
ナゾの心臓病は「微小血管狭心症」-ためしてガッテン
痛くないのに突然死する狭心症-ためしてガッテン
「危険な脈とび」を自分で見分ける方法とは
アキレス腱が太い人は「心臓病」の危険が!!

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事